韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  4月の雇用市場、自動車産業寒波…関連業種で8100人減少

4月の雇用市場、自動車産業寒波…関連業種で8100人減少

現代・起亜自動車の海外販売不振、韓国GMの経営難など自動車産業が揺れる中、雇用市場にも寒波が押し寄せている。造船業不振の影響も続いている。 雇用労働部が13日に発表した4月の労働市場動向によると、自動車業種の勤労者が前年同月比で8100人(8.1%)減少した。自動車業種の雇用保険被保険者の減少率に基づく数値だ。減少率は今年1月が2.2%、2月が3.3%、3月が5.2%と、その幅が拡大している。

特に部品製造業で雇用保険資格を失った(失業)勤労者は6800人と、5カ月連続で雇用の減少が続いている。自動車製造会社の勤労者は前年同月比で1200人減少した。 雇用部の関係者は「構造調整や米国現地の販売不振で経営悪化が続いている状況を考慮すれば、自動車産業労働市場の指標はさらに悪化する可能性がある」と述べた。 構造調整が続いている造船業を含むその他の運送装備分野の雇用保険被保険者は13万1000人と、前年同月比で27%減少(2万7000人減)した。

最低賃金の急激な引き上げに苦しむ卸小売および宿泊・飲食業種の先月の雇用保険被保険者はそれぞれ3.1%、7.5%増えた。雇用部の関係者は「韓中関係改善の影響で観光客が増え、雇用指標が改善した」と説明した。


政府の説明とは異なり、実際は最低賃金の急激な引き上げによる衝撃を緩和するために政府が支援する雇用安定資金の申請者が増えたことによる錯視現象という指摘もある。雇用安定資金を受けるには雇用保険に加入する必要がある。今年4月までに185万人が雇用安定資金を申請した。このおかげで雇用保険加入者も前年同期比14万人増えた。 新規就業者が増えたのではなく、雇用保険の死角地帯にいた勤労者が被保険者資格を得たことで雇用指標が改善したように見えているということだ。
http://japanese.joins.com/

韓国の現代自動車が発表した2018年1~3月期連結決算は、営業利益が前年同期比46%減の6810億ウォン(約688億円)だった。在韓米軍の地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)配備で中韓関係が悪化した影響が長引き、中国販売が15%減少した。売上高は4%減の22兆4370億ウォンだった。1~3月の中国販売は17万5千台。米国販売も12%減の14万9千台と苦戦した。一方でインド販売は10%増の13万3千台と好調だった。現代自動車グループは財閥内部の複雑な資本関係を解消するため、部品会社の現代モービスの一部事業と物流会社の現代グロービスの合併を核とするグループ改編を計画する。だが米投資会社エリオット・マネジメントが、現代自とモービスの合併を求めて反対し、現代自を揺さぶっている。

一度低迷し始めると、低迷の内容が技術限界であるから、品質を含め大きな問題を抱えることになる。また自国工場では中国工場の3割しか同じ車種で製造できないサボりも勃発している。高給取りがサボって経営悪化を加速している様では、韓国の工場は維持できない。そもそも自国民の態度対応は論外である。企業の人材質が低下するほどに、世界企業に離されるだけとなる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月14日 15:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
デジャブ
 なにか昔見たような気がする、アメリカのデトロイトが隆盛を誇ったが労働組合の横暴に耐えられずに衰退し日本の日産は労働組合の無神経さでフランス企業の傘下に下った、韓国自動車産業など自前技術も持ったことの無い企業が継続する事は難しいのでは。
 日本自動車企業トヨタならハイブリッド、日産ならEV、マツダならディイゼル、スズキは軽自動車、ホンダはF1に挑戦しながらエンジンを開発しジェット機まで作っている、韓国の自動車産業はアメリカのデトロイトの衰退をデジャブ(既視感)する様だ、衰退なら望が有るかも知れないが滅亡になれば何も残らない。
 イギリスの自動車産業がどの様になったか歴史を勉強したどうですか?韓国人よ
まあ無理だろう捏造歴史ばかりが罷り通る国では歴史を学ぶ暇もなかろう。
[ 2018/05/14 21:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp