韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「即席麺大国」韓国で異変!? 4年ぶりマイナス成長のワケ

「即席麺大国」韓国で異変!? 4年ぶりマイナス成長のワケ

国民1人当たりの消費量が世界一を誇る「即席麺大国」韓国で異変が起きている。メーカー4社が4年ぶりにマイナス成長に陥ったというのだ。今や国外でも人気を集める韓国民の「ソウルフード」だが、肝心のおひざ元でなぜ失速したのか-。

「超辛い」「これは想像以上だ」。動画投稿サイト「ユーチューブ」では、国籍を問わず真っ赤な即席麺をすする人の動画が数多く掲載されている。中には、身をよじらせ、水をがぶ飲みする人の姿も。食されているのは韓国の食品メーカー、三養食品が2012年4月に発売した激辛鶏焼きそば「プルダックポックムミョン」だ。韓国の即席麺の定番といえば、農心の「辛ラーメン」だが、プルダックポックムミョンはその2倍の辛さらしい。動画が話題になったことなどで大ヒット商品になった。 世界ラーメン協会(本部・大阪府池田市)の統計によると、1人当たりの即席麺の消費量は韓国が年間約74食(16年)で世界一。ちなみに日本は約45食だ。

韓国初の即席麺は日本の明星食品の技術提供を受け、三養食品が1963年に発売した。以降、さまざまな商品が発売されたが、韓国の即席麺文化のルーツはやはり日本にあるわけだ。 定番・辛ラーメンは86年の発売。91年から韓国の即席麺市場でトップを維持しており、日本や中国、米国など世界約100カ国に輸出されるグローバルブランドでもある。


韓国内でも、ヒット商品に恵まれたこともあって、農心、オットゥギ、三養食品、八道のメーカー4社の売り上げは右肩上がりで伸びた。東亜日報によると、14年は4社合計で1兆8470億ウォン(約1880億円)、15年は1兆8800億ウォン、16年は2兆400億ウォンで3年連続のプラス成長だった。ところが、17年は成長に急ブレーキがかかった。4社合計の売り上げは1兆9870億ウォンで、前年比2.6%減少し、2兆ウォンを割り込んだ。

メーカー別にみても、4社全てで売り上げが減少した。農心は16年の1兆1270億ウォンから17年は1兆1170億ウォンに減少。15年までは60%を上回っていたシェアも56%に減少した。 オットゥギも17年の売り上げは4575億ウォンにとどまり、16年(4770億ウォン)から減少した。 要因は何か。ヒット商品が生まれなかったのはもちろんだが、韓国消費者の食生活の変化も影響しているようだ。
http://www.sankei.com/

世界ラーメン協会(World Instant Noodles Association)によると、ベトナムでの即席麺の総需要は世界で4番目の多さとなる。2015年は48億食と、世界の総需要の5%を占めた。人口は約9170万人(15年)で、1人あたり年間50食以上食べた計算になる。 ちなみに、1位は中国(香港を含む)で、404億3千万食。2位のインドネシアは132億食で、3位の日本は55億4千万食。2017年の1人あたりの消費量は、1位が韓国、2位がベトナム、3位がインドネシアです。日本は5番目になる。

国民1人あたり年間で50食を平均的食べるということは、週に1回はインスタントラーメンを食べているということになる。韓国の即席めん王国も、次第にベトナムやインドネシアに抜かれるのでは…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月15日 09:22 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp