韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日本、外交青書で韓国に関する表現を格下げ

日本、外交青書で韓国に関する表現を格下げ

日本の外務省が2018年版「外交青書」で、韓国政府と距離を置く表現を多数使用していることが分かった。外交青書は外務省が1957年から毎年発行している報告書で、韓国の外交白書に相当する。これまでと変化した部分で最も目を引くのは「韓国は最も重要な隣国」という表現を削除した点だ。15年版では「韓国は最も重要な隣国」とだけ記述していたが、韓日慰安婦合意の直後の16年には「韓国は戦略的利益を共有する最も重要な隣国」と踏み込んで表現した。ところが今年はこのような記述を全て削除した。慰安婦合意の履行をめぐる韓日の摩擦が解消しないことから、韓日関係に関する内容を格下げしたわけだ。

安倍晋三首相は年初の施政方針演説でも韓国について「最も重要な隣国」という表現を使わず、その代わりに文在寅(ムン・ジェイン)大統領の名前に直接言及して「これまでの両国間の国際約束、相互の信頼の積み重ねの上に、未来志向で新たな時代の協力関係を深化させていく」と短く言及するにとどめている。 日本政府は外交青書でも、慰安婦合意について「韓国政府がさらなる措置を求めることは全く受け入れられない」との立場を繰り返した。15年の韓日慰安婦合意に「最終的・不可逆的」という言葉が含まれているため、文政権による合意履行の拒否は受け入れられないというのが日本政府の立場だ。


それでも、北朝鮮の核問題を意識して「日韓両国の協力はアジア・太平洋地域の安定と平和にとって不可欠だ」と明記した。今年の外交青書にはこのほか、「日本海」が国際的に確立された唯一の呼称であるとの主張も新たに盛り込まれた。日本政府は外交青書で「韓国が日本海という呼称に異議を唱えているが、この主張には根拠がない」と主張した。

日本政府は独島(日本名:竹島)についても「竹島は歴史的事実に照らしても、国際法上も明らかに日本固有の領土」と従来の主張を繰り返した。日本政府は「韓国が竹島を不法占拠している」として「(日本政府は)韓国の国会議員らの竹島上陸、韓国による竹島とその周辺での軍事演習及び建造物の構築などについて、その都度韓国に強く抗議してきた」と主張した。
http://www.chosunonline.com/

河野太郎外相は15日午前の閣議において、2018年版外交青書を報告している。北朝鮮の核・ミサイル問題を「日本および国際社会の平和と安定に対するこれまでにない重大かつ差し迫った脅威」と明記。問題解決に向け、米韓両国などと緊密に連携し、「北朝鮮に対する圧力を最大限まで高めていく」と強調した。また、日本人拉致問題については、北朝鮮が再調査を約束した14年の「ストックホルム合意」の履行を要求。その上で「国際社会の圧力をテコとして、北朝鮮に早期解決を迫っていく」と主張した。 青書は前年の国際情勢を中心に作成するため、最近の対話の動きについては、南北、米朝首脳会談の開催決定に至る経緯などを記すにとどめた。

さらに韓国との関係では、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」をうたった15年の日韓合意に触れ、「さらなる措置を求めることは全く受け入れられない」とけん制。合意の着実な実施を求める立場を改めて示した。「日韓両国の連携と協力はアジア太平洋地域の平和と安定にとって不可欠」としながらも、前年まであった「最も重要な隣国」との表現は消えた。安倍晋三首相が今年の施政方針演説で見送ったのを踏襲したとみられる。中国については「首脳・外相を含むハイレベルの対話が活発に行われ、日中関係改善の機運が大きく高まった1年」と総括した。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月16日 08:55 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
韓国はパス
2018年版「外交青書」平成30年5月15日

これより前のできごと・・
河野外相訪韓 平成30年4月10日
安倍首相訪韓(平昌五輪) 平成30年2月9日
二階幹事長訪韓 平成29年6月10日

いずれの外交も、見事なくらい成果がなく、何も起こらなかった。
この間、韓国通いした経済人が一人いて、東レの榊原定征元会長。
リスクテイクしながら、熱心に韓国収益(収奪)体制を作り上げた。
日本の経済界のメジャーどころは、一番に米国、二番に中国、
韓国はパスで、三番にASEAN。
[ 2018/05/16 15:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp