韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  北の会談ドタキャン、「米国説得」のために文大統領に圧力か

北の会談ドタキャン、「米国説得」のために文大統領に圧力か

北朝鮮は16日、同日に予定されていた南北閣僚級会談を一方的に中止し、米国に警告を突き付けた。突然の会談中止宣言をめぐり、北朝鮮が文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対し「米国を説得せよ」という課題を投げたのではないかとの分析が出ている。

ワシントンの外交筋は16日、本紙の電話取材に対し「北朝鮮が韓米合同航空戦闘訓練『マックスサンダー』を理由に南北閣僚級会談を一方的に中止したのは、22日に行われる韓米首脳会談に向けた思惑があるからだ」として「韓国を動かし、米国との首脳会談の際に北朝鮮の立場をより確実に反映させるためだとみられる」と指摘した。

この外交筋は「北朝鮮は韓国との閣僚級会談を中止することで、F22などの戦略兵器が韓半島(朝鮮半島)に飛来することを望んでいないという意思を明確に示した」「このような北朝鮮の立場を、韓米首脳会談の際に文大統領からトランプ大統領に伝えてほしいという意味だと解釈される」と話した。北朝鮮が米朝首脳会談で主張する予定の重要なメッセージを、文大統領を通じてあらかじめ米国に伝え、米国を説得しようとしているというわけだ。


2016年に脱北して韓国に亡命した太永浩(テ・ヨンホ)元駐英北朝鮮公使もこの日、本紙の取材に対し「北朝鮮が韓国に対し『米国を動かしてほしい』と求めてきた」との見方を示した。太永浩氏は「(首脳会談を控え)完全な非核化を求める米国と、体制保障を求める北朝鮮との間で神経戦が繰り広げられている」として「北朝鮮は今、米国を単独で説得するのが困難なため、『わが民族同士』の精神で南北が力を合わせて米国を翻意させよう、と言ってきた」と指摘した。北朝鮮は表面的には韓米軍事演習と太永浩氏による回顧録出版を会談中止の原因だとしているが、実は「韓米首脳会談の際に、韓国が北朝鮮側に立って米国を説得してほしい」というメッセージを送ってきたというのだ。
http://www.chosunonline.com/

菅義偉官房長官に代わって定例記者会見に臨んだ西村康稔官房副長官は、北朝鮮による会談中止宣言に関連し「韓米合同軍事演習は日米の共同演習、韓米日3か国の安全保障に関する防衛協力と共に、重要な抑止力だ」と強調した。しかし、西村副長官は、突然一方的に南北閣僚級会談の中止を通知した北朝鮮の意図に関しては「北朝鮮の行動を予断することは控えたい」として即答を避けた。併せて「歴史的な米朝首脳会談が、北朝鮮をめぐるあらゆる案件の包括的な解決のために前進する機会になることを望む」として「日本の考えを米国に伝え、米国と共に(米朝首脳会談を)準備していきたい」と述べた。次第に北朝鮮も必至な状況となってきたのも事実。ただバックに中国がいることで、今後も駆け引きは続くとみられる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月17日 08:43 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp