韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、就業者増加幅が3カ月連続で10万人台止まり…「金融危機後初めて」

韓国、就業者増加幅が3カ月連続で10万人台止まり…「金融危機後初めて」

就業者数の増加幅が3カ月連続で10万人台にとどまった。金融危機後初めてだ。

統計庁が16日に発表した雇用動向によると、4月の就業者数は2686万8000人と、前年同月比12万3000人増だった。今年の就業者増加幅は1月に33万4000人と好調だったが、2月に入って10万4000人に急減した。3月は11万2000人、4月も10万人台に終わった。

就業者増加幅が3カ月連続で10万人台となったのはことはグローバル金融危機の余波が残っていた2010年2月以来。特に今年1-3月期の就業者増加幅の鈍化は深刻な水準だ。 金東ヨン(キム・ドンヨン)副首相兼企画財政部長官は今月初めの記者懇談会で「昨年10-12月期から生産可能人口(15-64歳)も明確に減っている」とし「雇用の母数が減るということだから今後の政策を展開しながら考慮すべき部分」と強調した。

統計庁関係者は「今年1-3月期までの流れを見ると、人口増加の鈍化を上回る雇用数増加の鈍化があった」とし「ただ、昨年2-4月の就業者数増加幅が大きく、これとの比較という点を考慮して今後の傾向をさらに見守る必要がある」と評価した。
http://japanese.joins.com/


就業者数の増加幅が縮小しているのは中国人観光客の減少と企業の構造調整の影響だと中央日報は報じてます。 韓国銀行は、ソウル韓銀臨時本部で開かれた「2018年経済展望」記者説明会で、「企業の構造調整、遅れている中国人観光客数の回復、寒波などで就業者数の増加規模が振るわなかった」とし「上半期よりも下半期に就業者数増加幅が拡大するだろう」と評価している。

また韓国統計庁は、3月の雇用動向を発表し、就業者数(2655万5000人)が前年比11万2000人(0.4%)増にとどまったと伝えている。失業率も前年(4.1%)比0.4ポイント上昇した4.5%と、3月基準で2001年(5.1%)以来17年ぶりの最高水準となったとした。 15歳以上の経済活動人口2781万1000人のうち125万7000人が失業状態だった。失業者125万7000人は関連統計を開始した2000年3月以降、最も多いという。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月17日 09:16 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp