韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「韓国経済は停滞局面に入ったのか」 政権幹部が舌戦

「韓国経済は停滞局面に入ったのか」 政権幹部が舌戦

韓国経済は停滞局面に入ったのか--。景気判断を巡り、キム・ドンヨン経済副首相と金広斗(キム・グァンドゥ)国民経済諮問会議副議長が互いを批判し、正面衝突した。大統領直属の諮問機関トップと経済政策の統括役が舌戦を繰り広げるのは異例だ。

キム・ドンヨン経済副首相は17日、政府ソウル庁舎での経済関係閣僚会議後、記者団に対し、「ある人が何を言っているのか、我々が神経を使う必要はないと思う。現在の経済状況を月次統計で判断するというのは焦り過ぎの面がある」と発言した。副首相の発言は金副議長がフェイスブックで「(景気が)停滞局面の初期にある」と主張したとする16日の本紙報道を受けたものだ。政府高官は「副首相は『景気が回復基調にある』との政府の立場を防衛したものだ」と説明した。

金副議長は14日、フェイスブックでキム・サンボン漢城大教授が国家未来研究院に寄稿した「政府の景気判断、問題あり」と題する文章を引用し、「この文章に共感する。景気は(政府の診断とは異なり)むしろ停滞局面に初期段階にある」と述べた。キム教授は寄稿の中で、3月の産業生産と設備投資の減少、経済協力開発機構(OECD)の景気先行指数が基準値の100を割り込んだことなどを根拠に挙げ、景気が後退局面の初期段階にあると分析していた。キム副首相は金副議長の「景気停滞」発言に細かく根拠を提示して反論した。


金副議長は「最近経済に取り組もうという意志が企業経営者にあるのか。経済政策を能動的に運用しようという意志が公務員社会にあるのか。育成しようというよりも分配しようという意志が強い(社会の)ムードはいかがなものか」などと持論を展開した。金議長はまた、「労使間のバランスはどうか。半導体の特需サイクルが終点に至れば、(設備投資と輸出は)どうなるのか」とし、韓国経済の潜在的なリスク要因に警告を発した。金副議長は「今目に見える統計はこうした構造的な現象の結果だ。こうした構造が続く限り、統計的な現象は改善が難しく、悪化する可能性がある」とし、「景気停滞の初期」論を改めて主張した。
http://www.chosunonline.com/

キム副首相は「3-4月の輸出が2カ月連続で500億ドルを超えたのは史上初めてだ」とし、輸出が回復している点を強調と記事で掲載しているが、半導体依存での結果を分析していない。自国データーと関連国の動きを分析すれば、今の韓国経済が低迷なのか、危険水域なのか分かるのでは…。その結果、家計負債に跳ね返り…、暴発はまじかである。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月18日 11:07 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp