韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  ベトナムで日本のバイクに中国のバイクが完敗した理由

ベトナムで日本のバイクに中国のバイクが完敗した理由

中国の自動車情報サイト・易車は17日、「日本のバイクが席巻するベトナム市場、中国メーカーが対抗できないのはなぜか?」と題したコラムを掲載した。コラムでは、中国メーカーの失敗の理由についてつづられている。以下はその概要。

中国の自動車メーカーは世界市場への進出を目指しているが、世界で影響力を得ることには成功していない。なぜうまく行かないのか?中国のバイクメーカーから教訓を学ぶことができる。

十数年前、中国にまだ自動車がそれほど普及していなかった時代、中国のバイクは価格の安さで勝負していた。ベトナムでは価格の安さから日本メーカーとシェア争いを展開し、低価格戦略に味を占めた中国メーカーの参入が相次いだ。

その結果、コストを下げるために製品の品質が落ち、問題が続発した。日本のバイクに比べ安いものの、寿命が短く燃費が悪く問題が絶えなかったため、消費者は中国メーカーから離れ日本メーカーに回帰した。こうしたこともあり、ベトナムでは中国のバイクが劣悪品の代名詞とまで見られるようになった。

スポンサードリンク
中国メーカーが日本メーカーに完敗したのには、品質を無視した低価格戦略を打ち出したほかにも理由がある。技術面ではエンジンの開発が遅れていること。中国のバイクメーカーでは日本から輸入したものや日本メーカーを模倣したエンジンを使用することも珍しくないが、自国での開発が遅れているために日本メーカーに対抗する力が弱い。

さらに、ブランドの知名度も双方で大きな差がある。ホンダといった日本のバイクメーカーは世界で知られており、東南アジアでは人気のブランド。日本のバイクに比べるともともと技術や知名度の点で中国メーカーは劣勢にもかかわらず、劣悪な製品を販売したことで評判はさらに悪化した。低価格だけに頼った方法では成功しないのだ。
http://www.recordchina.co.jp/

道路が狭く、交通インフラの整備が遅れているベトナムでもっとも普及している移動手段がバイクである。ほぼすべての家庭がバイクを所有していると言っても過言ではない。ベトナムでは買い物をした日用品をバイクで運んでいる人や、売り物をバイクに乗せて行商をする人も多く、記事は「過積載のバイクはベトナムの日常的な光景」となっている。ベトナムで中国メーカーのバイクを見かけることは「ほぼ皆無」であり、ホンダやヤマハといった日本メーカーのバイクばかりとなる。品質問題を理由にベトナムの消費者から見放されてしまった中国企業と違って、今やベトナムのバイク市場は日本メーカーの「独壇場」となっている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月20日 08:36 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
斜めH
ウリの自動車のように「斜めH」エンブレムを付けて、チョッパリ製と思わせて売らなかったから失敗したニダ。ウェッヘッヘッ
[ 2018/05/20 09:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp