韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の輸出増加率、1位から8位に急降下

韓国の輸出増加率、1位から8位に急降下

昨年、世界の10大輸出国の中で輸出増加率がトップだった韓国が、今年は8位に転落した。4月の輸出が18か月ぶりに前年を下回った上、今年1-3月の輸出増加率も主要国より低かったため、輸出鈍化への懸念が高まっている。

世界貿易機関(WTO)が20日に明らかにしたところによると、昨年の韓国の輸出増加率は15.8%で10大輸出国で最も高く、昨年の第1四半期(1-3月期)の増加率も14.7%で1位だった。ところが今年の第1四半期は10.1%で8位に転落した。1位はフランス(20.2%)で、2位以下はベルギー(19.5%)、イタリア(19.3%)、ドイツ(18.8%)、オランダ(18.6%)、中国(14.3%)、日本(10.2%)の順だった。米国(7.9%)と香港(4.9%)は韓国より順位が下だった。今年の輸出額も1454億2700万ドルで7位となり、昨年より一つ順位を落とした。

問題は、世界各国の輸出指標が全体的に景気回復の兆しを見せている中、韓国の増加率が平均を下回り、世界の流れに逆行していることだ。WTOによると、世界の貿易の90%を占める71か国の平均輸出増加率は、昨年の第1四半期が10.2%だったのに対し、今年は13.8%へと上昇した。

スポンサードリンク
韓国政府は「昨年の輸出急増に伴う反動(ベース効果)」「ユーロ安の影響で、ドル換算すると欧州の国家の輸出増加率が高くなっている」と説明した。しかし専門家らは、世界的な景気回復傾向を勘案すると韓国政府の説明には限界があると指摘した。延世大の成太胤(ソン・テユン)教授は「半導体以外の品目の輸出指標が悪化している上に、労働費用など企業の負担も増大し、輸出不振が懸念される」と話した。
http://www.chosunonline.com/

韓国・ニューシスによると、韓国の第2四半期(4〜6月)の経済成長率が、昨年第4四半期(10〜12月)の0.5%に続き、2四半期ぶりに再び0%台に下落したと報じている。 韓国銀行(中央銀行)が発表した「17年第2四半期国民所得(暫定)」によると、第2四半期の国内総生産(GDP)成長率は0.6%となり、大きな反発を見せた第1四半期(1〜3月)(1.1%)の、ほぼ半分の水準に低下した。 輸出増加率は−2.9%となり、前期2.1%からマイナスに転じた。11年第4四半期(−2.2%)以来の低い値だ。中国政府によるとされる高高度防衛ミサイル(THAAD)配備への報復による影響などで自動車の海外販売が縮小。化粧品などの化学製品の輸出も減少したためだ。

直近2〜3年間、低金利と不動産景気の好調で成長を牽引してきた建設業の不振は大きな打撃となった。第2四半期の建設業総生産は−1.3%で、14年第4四半期(−3.0%)以来、2年6カ月ぶりに最悪の落ち込みをみせた。今年第1四半期だけでも5.3%に達していた建設業の成長率がわずか3カ月で急落した事になる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月21日 08:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp