韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日本はカモ? 北朝鮮の非核化約束のたびに資金提供

日本はカモ? 北朝鮮の非核化約束のたびに資金提供

日本は北朝鮮が非核化を約束するたび資金提供を行ってきたが、約束はほごにされ続けた。安倍晋三首相は昨年9月の国連総会で演説し「詐取」との表現を使って非難していた。

1994年の米朝枠組み合意で、北朝鮮の核開発凍結と引き換えに、軍事転用可能なプルトニウム生産につながる黒鉛減速炉に代わって軽水炉2基を供与することを決定。軽水炉建設の事業主体である朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)を通じ、日本は総額46億ドル(約5600億円)のうち1100億円超を負担することになった。

だが、北朝鮮は2002年、国際原子力機関(IAEA)の査察官を国外追放し、米朝合意は破綻。それまでに日本が約500億円を支出していた建設は基礎工事途中で停止された。

北朝鮮の核問題に関する6カ国協議では2007年、北朝鮮は非核化の初期段階措置として、60日以内の寧辺の核施設の停止と、IAEAの監視受け入れを約束した。査察費用の総額170万ユーロ(約2億7000万円)のうち、日本は50万ユーロ(約8000万円)を負担した。


北朝鮮は寧辺の原子炉冷却塔を爆破する映像を世界に流したが、昨年までに計6回の核実験を行っている。 河野太郎外相は、IAEAが北朝鮮に査察に入った場合、費用を負担する意向を示している。3億円規模のIAEA核不拡散基金からの拠出を想定しているようだが、政府内には、「拉致問題を抱える日本はよく考えないといけない」(外交筋)など安易な費用負担に対する慎重姿勢は根強い。
http://www.sankei.com/

「最も関心がある問いは、北朝鮮が先手を打って示した妥協に対する見返りとして、アメリカが何を持っていけるかということだ」と、トランプ政権の出方が今後の焦点になるとしている。制裁措置解除なのか、平和交渉や国交正常化なのか、北朝鮮がのどから手が出るほど欲しがっているものがあるが、トランプ大統領のツイートからは、まだ方向性が見えていない。一方で、アメリカのメディアによれば、金正恩氏はアメリカ大統領と会談する初の労働党委員長となる。祖父・金日成、父・金正日も達成できなかった「偉業」を成し遂げることに、北朝鮮が、全力で成功に導こうとしているのは必至だ。

また米国は、北朝鮮を助けるのに米国民の税金を使う気はないとしつつ、非核化を受けた対北制裁の解除で米企業による投資に道が開かれるとしている。これに対して日本は様々な事をメディアが報じているが、日本政府としては耳を貸さない事である。拉致問題を抱える日本である。日朝首脳会談で安倍首相自ら会談で話し合うべきだろう。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月21日 09:45 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp