韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  北朝鮮の相次ぐ局面壊しの威嚇に…「トランプ、驚き怒り」

北朝鮮の相次ぐ局面壊しの威嚇に…「トランプ、驚き怒り」

来月12日の米朝首脳会談を控え、韓米を相手に局面を壊すこともあるという威嚇を繰り返してきた北朝鮮が、21日には労働新聞を通じて「他人に依存しながらそのおこぼれをもらうということは自滅の道」と明らかにした。米朝首脳会談の協議で米国の言いなりにはならないというメッセージであるため、米朝間で非核化と体制保障をめぐり意見の食い違いが出てきたのではないかとの見方が出ている。 ニューヨーク・タイムズ(NYT)も20日(現地時間)、「『我々の核兵器能力と経済援助を決して対等交換をしない』という北朝鮮の談話に驚き怒った(surprised and angered)トランプ米大統領が、危険を抱え込んで会談を進めなければならないのかと問うている」と伝えた。

こうした中、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、トランプ大統領と22日(現地時間)、米ワシントンで4回目の首脳会談に臨み、北朝鮮に対する共同メッセージを出す。文大統領はトランプ大統領と韓米の共同目標である「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」を明確にし、北朝鮮が要求する段階的非核化とこれに相応した体制保障をどのように調整するのかについて話し合う見通しだ。文大統領はトランプ大統領との単独会談で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長がした鋭敏な言及について直接説明するものと予想される。東国(トングク)大学北朝鮮学科のキム・ヨンヒョン教授は「北朝鮮の最近の反応は、米国の非核化平和体制が果たして体制保障なのかという主張」としながら「今回の韓米首脳会談結果で、体制保障が含まれるかどうかを敏感に待っているだろう」と述べた。
http://news.livedoor.com/

スポンサードリンク
今回の韓米首脳会談の目標は、韓半島非核化の具体的な方法論をめぐる米朝間の意見の差を縮めるということに異見がない。来月12日にシンガポールで開かれる米朝首脳会談を控え、北側が米国の核廃棄方法に反発しながら突発変数が出現した。文大統領はトランプ大統領との首脳会談を通じて、韓半島非核化に向けた韓米協力を再確認しながら、北側の反発を解消できる体制保障など「補償」カードに関連して意見調整に出るものとみられている。

南北首脳会談後の非核化に前向きな姿勢を取っていた北朝鮮は、最近「先に核放棄、後に補償」を骨子とした米国の「リビア式」解決法論に米朝首脳会談中止までちらつかせて猛反発している。韓米合同演習や太永浩元駐英北朝鮮公使の北朝鮮体制卑下発言を問題視したことに続き、脱北女性従業員の送還まで要求するなど、南側に対しても攻勢を高めている。 次第に文大統領への圧力は高まっているのも事実。米朝首脳会談が実現しなければ、韓国文大統領の責任は重い。いよいよ本格的な駆け引きが始まったが、トランプ氏はどこで方向転換するかはわからないだけに、これからの攻防は関心ごととなる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月22日 09:24 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp