韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  韓国記者団門前払い、再び始まった「コリア・パッシング」

韓国記者団門前払い、再び始まった「コリア・パッシング」

北朝鮮による豊渓里核実験場の廃棄作業(23-25日)に韓国記者団は結局招待されなかった。しかし北朝鮮は核実験場の廃棄自体は中止していない。韓国の記者団を除く米国、英国、ロシア、中国の4か国の記者団は22日、中国・北京から高麗航空のチャーター機で北朝鮮の元山に向かった。韓国記者団だけが取り残され、「門前払い」を食らった格好だ。

韓国政府は、韓国記者団が当初は北朝鮮に招待されながら最終的に訪朝できなかったことについて、遺憾の意を表明したが、北朝鮮からの反応はなかった。その代わり北朝鮮は宣伝メディアで「米朝対話が進展しても、南北(閣僚級)会談の中断事態は解消しないだろう」と主張した。外交関係者の間では「韓国の手助けで危機の局面を脱した北朝鮮が、再び『コリア・パッシング(韓国外し)』に乗り出している」との声も聞かれた。 北朝鮮の立場を代弁する在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の機関紙「朝鮮新報」は22日、「朝鮮(北朝鮮)は平和意志の実践、米韓は戦争演習に没頭」と題する記事で「北朝鮮を狙った戦争騒ぎが続けば、北南(南北)閣僚級会談の中断事態も続くほかない」と主張した。

同紙は韓米合同軍事演習を「敵対視政策の露骨な表現」「核戦略資産が投入される軍事演習は核の脅しそのもの」と批判した上で「板門店宣言を支持した米国の本音は、実践行動を通じてのみ証明される」と主張した。さらに、先ごろ北朝鮮外務省の金桂官(キム・ゲグァン)第1外務次官が、「リビア方式」の非核化を唱えた米国を非難したことについて「トランプがポンペオ国務長官を通じて朝鮮の最高領導者(金正恩〈キム・ジョンウン〉国務委員長)に伝えた『問題解決のための新たな代案』はリビア方式の核放棄ではない、ということ」と説明した。


北朝鮮は16日、韓米合同航空演習「マックスサンダー」を理由に公式の対話チャンネルを閉ざして以降、宣伝メディアを総動員して韓国への攻勢を強めている。脱北して韓国に亡命した太永浩(テ・ヨンホ)元駐英北朝鮮公使を実名で非難したほか、16年に中国の北朝鮮レストランから集団で脱北して韓国入りした女性従業員らの送還を要求した。さらに、北朝鮮に向けたビラ散布についても非難した。

専門家たちは北朝鮮の今回の態度について、これまで数年にわたり繰り返してきた典型的な韓国非難のパターンだと分析した。高麗大の南成旭(ナム・ソンウク)教授は、「北朝鮮のいつもの対話パターン」と指摘した上で「国際的に追い込まれた状況で、危機を脱出するために韓国を利用し、状況が改善したとたんに韓国を捨てた」と述べた。
http://www.chosunonline.com/

北朝鮮は当初招くとしていた韓国記者団について、22日も受け入れを拒否し韓国記者団は取材できなくなった。韓国統一省関係者によると、22日午前に改めて北朝鮮に記者団の名簿の受け取りを拒まれた。名簿は韓国人が北朝鮮を訪問する際に必要な招待状発給の前提となる。北朝鮮が韓国記者団の受け入れを拒む背景には、米韓軍事演習への不満を理由に南北高官協議を中止するなど韓国への非難を強めていることがある。

北朝鮮側が取材団のビザ発給費用として一人あたり約1万ドルの支払いを求めたと報じていたが、取材に応じたアメリカのメディアは支払いを否定した。 米CNN記者:「高額な料金の支払いは求められていない。1万ドルも払っていない」  北朝鮮側は23日から25日までに豊渓里の核実験場の坑道を爆破し、廃棄すると発表している。一方、すでに利用価値のない豊渓里にある核実験場の廃棄は、金正恩のパフォーマンスに過ぎないのではとの見方もある。

追記
一方、韓国統一部の当局者が23日、北朝鮮が豊渓里(プンゲリ)核実験場廃棄を取材する韓国側記者団の名簿を受け入れたと中央日報が明らかにした。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月23日 09:10 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp