韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文大統領の孤独な訪米 米韓首脳会談に意味はあるのか

文大統領の孤独な訪米 米韓首脳会談に意味はあるのか

ドナルド・トランプ米大統領と、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領による米韓首脳会談が22日(米国時間)、ワシントンで行われた。韓国は最近、「米朝の仲介役」を自認してきたが、米朝が直接対話を始め、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権は韓国への強硬姿勢に出ている。米国も「従北」の文政権とは距離を置いているようだ。各国の「韓国外し」が目立つなか、文氏の訪米は寂しい結果に終わりかねない。

「文氏が、正恩氏との会談後に(トランプ氏に)伝えた内容と、北朝鮮の声明はなぜ矛盾しているんだ?」 米紙ニューヨーク・タイムズは20日、トランプ氏が19日、文氏に電話し、こう伝えたと報じた。文氏は21日、米国に到着したが、同紙は電話会談の発言について、トランプ氏の「不満の表れ」と指摘した。つまり、トランプ氏は「いい加減な報告をするな!」と激怒したわけだ。 2月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪や、4月の南北首脳会談などで、文政権は北朝鮮との「平和ムード」を演出してきた。22日のトランプ氏との会談でも、米朝首脳会談(6月12日)を見据えて「仲介役」として振る舞うとみられる。

一見、友好に転じたような南北関係だが、最近になって暗雲が立ちこめている。 北朝鮮は、南北閣僚級会談(16日予定)を一方的にキャンセルした。豊渓里(プンゲリ)の核実験場廃棄(23~25日)をめぐっては、韓国記者団の名簿受け取りを拒否したままとなっている。4月に開通した南北首脳間のホットラインもまったく使用されていない。


米国も、韓国に冷徹な姿勢を見せている。 米空軍の戦略爆撃機B-52が参加する日米韓空軍訓練が計画されていたが、韓国が「緊張を招く」と不参加を表明したため、日米は17日、2国だけで訓練を実行し、B-52は朝鮮半島南端付近を飛行した。トランプ氏は18日、対北朝鮮強硬派として知られるハリー・ハリス太平洋軍司令官を駐韓国大使に指名すると発表した。 これに先立ち、東シナ海の公海上で、韓国籍のタンカーが北朝鮮籍のタンカーに横付けしていたことが確認された。産経新聞は13日、「瀬取りの疑いがある」と報じた。 韓国が「仲介」すると豪語する米朝首脳会談についても、北朝鮮は中止の可能性を示唆している。 韓国の孤立化が進むなか、今回の米韓首脳会談は意味があるのか。
http://www.zakzak.co.jp/

トランプ氏は会談の冒頭、記者団に、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が「非核化に真剣だと思う」との認識を明らかにした上で、金氏が米国の求める条件に応じない場合は「会談は行われない」と指摘。会談中止に踏み切る可能性も「十分にある」とした。米国による核放棄の強要」を理由に米朝首脳会談の中止を示唆したことに関し、「予想していた」(サンダース大統領報道官)と冷静に受け止めつつも、文氏が南北融和を促進させたい思惑から、北朝鮮の非核化の意思を誇張して米国に伝えたとの疑念を抱いているという。

このため、トランプ氏は文氏に対し、「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」が実現しない限り、北朝鮮への制裁圧力は緩和しないとの立場を改めて打ち出す方針だ。加えて北朝鮮が求める、非核化に向けた措置に合わせて段階的に制裁を緩和する「行動対行動」に同調しないよう文氏に念を押したとみられる。次第に韓国外しが明確になってきた。北朝鮮も米朝首脳会談後に、南朝鮮主導では困るわけで必至な情勢だ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月23日 10:02 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp