韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  次期iPhone用「A12」プロセッサ、TSMCが7nmプロセスで製造開始か

次期iPhone用「A12」プロセッサ、TSMCが7nmプロセスで製造開始か

Appleの主要サプライヤーである台湾のTSMCが、次世代iPhoneに搭載される「A12」プロセッサの製造を開始した、とBloombergが匿名の関係者からの情報として報じています。2018年秋のiPhoneに搭載される「A12」プロセッサは、現行のiPhone X/8/8 Plusに搭載されているA11プロセッサの10nmよりもさらに微細化が進んだ7nmで製造されると見込まれています。

微細化が進むことで、プロセッサの高性能化、小型化、省電力化に効果がありますが、TSMCのモリス・チャン会長は、微細化の発展速度を指した「ムーアの法則」はすでに有効ではない、との見解を述べています。なお、同社の創業者であるチャン会長は今年6月に退職する予定です。TSMCは今年1月、2018年の第2四半期(4~6月)に7nmプロセスでのプロセッサの製造を開始すると発表していましたが、納入先については明かされていませんでした。

サプライヤーの動向に詳しい台湾メディアDigiTimesも今年4月、A12プロセッサはTSMCが7nmプロセスで製造する、と報じています。なお、2018年秋のiPhoneは、iPhone Xの後継モデル、iPhone Xの大画面版、液晶ディスプレイ搭載の低価格モデルの3モデルが発売されると予測されています。2018年秋のiPhoneは、世界で初めて量産された7nmプロセッサを搭載することになりそうです。
7nmプロセスでのプロセッサ製造は、かつてはiPhone用プロセッサを納入していたSamsungや、Appleと裁判で争っているQualcommも開発に取り組んでいます。
http://news.livedoor.com/

スポンサードリンク
samsun-3.jpg

2018年に発売される次期「iPhone」に搭載予定の次世代プロセッサの生産が、既に始まっている。Appleの製造パートナーであるモバイルチップメーカーのTSMCが、「A12」と名付けられると思われるチップの生産を開始したという。Bloombergが情報筋らの話として報じた。7nmプロセスを採用する同チップは、Appleの現行製品に搭載されている10nmチップよりも、高速で電力効率が高いとされている。

このチップによってAppleの端末は、アプリの実行が高速になり、バッテリ持続時間が長くなる可能性がある。そうなればAppleは、新端末の需要が低迷して競争の激化する市場において、優位に立つことができる。革新的なハードウェアデザインに欠けることに加え、端末買い替えのサイクルが伸び、通信事業者の補助金が縮小しつつあることが、需要低迷の要因とされている。サムスンも22日、極端紫外線リソグラフィ(EUV)を採用した7nmプロセスによるチップの製造を年内に開始すると述べている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月24日 09:35 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp