韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  トランプ大統領、朝米会談を電撃中止…朝鮮半島情勢再び視界ゼロへ

トランプ大統領、朝米会談を電撃中止…朝鮮半島情勢再び視界ゼロへ

来月12日シンガポールで開かれる予定だったドナルド・トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の首脳会談が取りやめになったことで、今後朝鮮半島情勢に大きな影響を及ぼすものと予想される。山が高かっただけに、谷が深くなる可能性も高い。朝米間の“案内役”を務めた韓国政府も当分困惑な立場に陥り、情勢の管理にかなりの負担を抱えるようになった。

トランプ大統領の会談中止発表は多少電撃的に行われたものと見られる。今月16日、北朝鮮のキム・ゲグァン外務省第1副相の「首脳会談の中止の可能性」発言で揺れ動いていた朝米会談の雰囲気は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪米(23日、韓米首脳会談)で沈静化するかのように見えた。文大統領との単独首脳会談に先立ち、トランプ大統領が首脳会談が中止・延期される可能性を示唆したが、会談後には再び楽観的な基調が明確になったからだ。

実際、トランプ大統領は24日(現地時間)に放送された「フォックスニュース」の「フォックス・アンド・フレンズ」で、北朝鮮の非核化方式と関連し、「物理的にも段階的(phase-in)に進めるのが少し必要かもしれない」として、非核化方式と関連し、北朝鮮との折衝もあり得ることを示唆した。トランプ大統領が「段階的」という言葉を明示的に使用したのは今回が初めてだった。


時間的には北朝鮮外務省のチェ・ソニ副相が24日の談話でマイク・ペンス副大統領の対北朝鮮強硬発言を問題視し、「朝米首脳会談の中止を最高指導部に提起する」としたのが、米国政府内部の悲観的な雰囲気を触発した可能性もある。 米国としては、ジョン・ボルトン・ホワイトハウス国家安保補佐官の強硬発言について、それなりの“誠意”を見せたにもかかわらず、北朝鮮が圧迫攻勢を続けることに対し、トランプ政権内部にかなりの反発世論があったものと推測できる。トランプ大統領が朝米首脳会談の推進に意欲を示してきたにもかかわらず、参謀らが米国内の世論を意識し、北朝鮮に過度な譲歩をするような印象を与えることについて、負担を感じた可能性もある。
http://japan.hani.co.kr/

北朝鮮の咸鏡北道吉州郡豊渓里(プンゲリ)にある「北部核実験場の廃棄式典」が24日に実行された。北朝鮮が先月20日、労働党中央委員会第7期3回全員会議で「経済建設に総力集中」という新しい戦略路線を採択し、「北部の核実験場(豊渓里核実験場)の廃棄」を明らかにしてから34日後のことだ。核実験場の爆破が行われた同日午前11時~午後4時頃、豊渓里は晴れて26度程度の気温が維持されており、気象条件も適切だったものとみられる。とはいえ必要がない場所だろう。

北朝鮮の立場が悪くなるようであれば、トランプに歩み寄るだろう。基本的に両者は首脳会談を望んでいる。トランプは自身の実績を示す良いチャンスであり、金正恩も自国内統制をとるのと、南朝鮮主導では困るわけで、北朝鮮主導がある程度米国に対して認めさせたい思惑がある。だが、結局は金正恩はトランプに歩み寄らない限りは、自身の思惑も達成できないわけで、いつまで揺さぶりをかけるのかは関心ごとではある。 一方世間では、今回は想定内だろう…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月25日 08:22 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp