韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  戻ってきた日本人観光客、4月の訪韓者数は前年比29%増

戻ってきた日本人観光客、4月の訪韓者数は前年比29%増

韓国を訪れる日本人観光客がこのところ急増している。韓国観光公社は、今年4月に訪韓した日本人観光客が21万3000人で、前年同月(16万5000人)に比べ29%増加したと24日発表した。3月に訪韓した日本人は16万7000人で、前年同月比8%増だった。

観光公社は日本人観光客増加の理由について「南北関係が対話ムードに変わったことで日本人の不安が緩和したことに加え、(昨年の急減からの)反動もある」と説明した。昨年4月には日本の外務省が韓半島(朝鮮半島)情勢について注意を喚起する海外安全情報を出したため、訪韓する日本人が急減した。

観光公社は、今月に入って訪韓日本人観光客がさらに増えていると説明した。この状況が続けば、年末には270万人を記録する見通しだ。今年下半期に日本人の訪韓に弾みがつけば、前年比30%増の300万人を突破するとの観測も出ている。

観光公社は来月12-13日、日本の東京ドームで「韓国観光フェスティバル」を開催し、韓国の観光コンテンツの展示やアイドルグループ「超新星」など韓流スターの公演を行う。
http://www.chosunonline.com/


史上初となるはずだった米朝首脳会談が、開催の決断から80日足らずで頓挫した。トランプ米大統領は、北朝鮮の最近の相次ぐ攻撃的な声明に怒りを隠さず、北朝鮮が豊渓里の核実験場を爆破したその日に「中止」を通告した。北朝鮮が対抗措置をとることも考えられ、朝鮮半島をめぐる情勢が危機的な状況に後戻りする可能性がある。6月12日に予定されていた米朝首脳会談について、米ホワイトハウスは24日午前(日本時間同日夜)、トランプ米大統領が中止を告げる金正恩朝鮮労働党委員長宛ての書簡を公表した。北朝鮮側が示した最近の「怒りとあからさまな敵意」を理由に、首脳会談を「この時期に開催するのは適切ではない」としている。米朝対話の行方は一気に不透明になり、朝鮮半島の非核化の進展は困難になった。

24日の米株式相場は反落し、ダウ工業株30種平均は前日比75ドル安と2日ぶりに小幅に下落した。朝方にトランプ大統領が6月に予定されていた米朝首脳会談の中止を発表し、地政学リスクの高まりが売り圧力となった。前日の取引時間後に米政権が安全保障を理由に自動車関連製品に関税を課す輸入制限を検討すると発表したことも、相場の下押し要因となった。 一方でしばらくは朝鮮半島情勢は緊迫状態となる。韓国での日本人観光客は減少するだろう。また日本人観光客が増加と言うが、増加させるために様々な対応を日本で実施した結果だろう。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月25日 08:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp