韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国を世界のAI研究の拠点に!サムスンが本格始動

韓国を世界のAI研究の拠点に!サムスンが本格始動

2018年5月22日、韓国・電子新聞によると、サムスン電子が人工知能(AI)の研究開発を強化するため、韓国と米国に続いて新たに3カ国にAI研究センターを新設する。 記事によると、サムスン電子は、AI関連の優秀な人材と技術の確保を目指し、英国ケンブリッジ(22日)、カナダのトロント(24日)、ロシアのモスクワ(29日)にAI研究センターを開設すると発表した。

韓国ではセット部門の先行研究を担当する「サムスンリサーチ」が昨年11月に「韓国AI総括センター」を設立。米国では今年1月にシリコンバレーに「AI研究センター」が設立された。今回新たに設立する3カ国を合わせると、サムスン電子は5カ国でAI研究センターを運営することになる。 サムスン電子は、AI関連のグローバルネットワークの構築と国内産学協力を通じて「韓国AI総括センター」を世界のAI研究の拠点にしたい考え。また、AI関連の研究人材の確保も積極的に推し進め、先行研究の開発人材を20年までに1000人以上(国内で約600人、海外で約400人)に拡大する予定だ。

サムスン電子のキム・ヒョンソク家電(CE)部門代表(サムスンリサーチ所長を兼任)は「今後、韓国AI総括センターとともに先行研究に集中し、AI時代でサムスンの強みをベースに新たな世界を作っていくゲームチェンジャーになる」と抱負を述べたという。


この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「韓国内の労組のことを考えたら、海外に事業所を設けるのも理解できる」「将来のことを考えたら、海外に研究所を造るが正しい」「AIの中核人材確保のためにグローバル拠点を運営するスマートな発想」など、海外研究所の設立に理解を示す意見が寄せられた。 その一方で「外国に研究所を造るんじゃなくて、国内に設けてて雇用を拡大してほしい」と国内回帰を願う声も見られた。 その他に「サムスンは拠点を海外に移す準備をしている」と主張するコメントもあった。
http://www.recordchina.co.jp/

昨年サムスン電子は、対話型人工知能(AI)の開発に特化した韓国の新興企業Fluentyを買収した。サムスンは、同社のモバイル部門が主導したこの買収により、自社のAIプラットフォーム「Bixby」にFluentyのサービスを統合できるようになる。Fluentyは、韓国検索大手のNAVERおよびDaumの元開発者らが設立した企業で、AI技術をベースに最適な返信メッセージを提案するアプリを手がけている。

一方で、サムスン電子が人工知能(AI)の重点育成事業に位置付けているのが、李在鎔副会長の肝いりの韓国と海外に設置する計5カ所の「AI研究センター」を結ぶネットワーク構築だ。各センターに有能な人材を集め、得意の巨額投資とスピード経営で先行する米国企業らに対抗する。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月25日 09:02 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp