韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  北朝鮮の体制保証と「韓国並みの繁栄」は同時に可能なのか

北朝鮮の体制保証と「韓国並みの繁栄」は同時に可能なのか

事実であるかのようになってしまった北朝鮮の伝説が2つある。解放(日本による植民地支配からの解放=日本の終戦)後、親日派を徹底的に排除したという伝説と、歴史清算によって1970年代初めまで韓国を上回る経済発展を成し遂げたという伝説だ。これらの伝説は、韓国で北朝鮮政権擁護論が今日まで生き延びる基盤となった。北朝鮮には「歴史的正統性」と「繁栄の可能性」があるから、敵対政策をやめて支援すれば「過去の栄光」を取り戻す自生力があるという論理だ。

 北朝鮮の粛清の歴史は悲惨だ。国内の民族主義者、生え抜きの共産主義者はもちろん、親中派や親ソ連派まで一掃した。ところが、親日派を粛清したというはっきりとした痕跡はない。北朝鮮は韓国のように親日派清算のための特別法を作ったこともないし、誰をどのように断罪したかも記録していない。その代わり、韓国左派の基準で「明白な親日舞踊家」とされる崔承喜(チェ・スンヒ)が北朝鮮に渡って20年以上も活躍していた事実はよく知られている。

1956年の8月宗派事件の時、反対派が金日成(キム・イルソン)総書記に向かって「土窟の中の人民が飢えと病魔に苦しむ経済の現実」と共に「親日派重用」を批判したという事実も歴史に残っている。日本植民地時代に君臨していた日本人技術者を、解放後に独立運動家以上に優遇したという証言も記録されている。


北朝鮮経済の失敗の原因は内部矛盾にある。北朝鮮内部矛盾の根にも頂点にも「唯一体制」があることはほとんどの学者が認めている。簡単に言えば、唯一体制とは首領(北朝鮮のトップ)1人がすべてを決定し、人民がそれに服従する体制をいう。体制も法も首領に従属している。契約書数百枚の上に首領の一言がある。「空が赤い」と首領が言えば、北朝鮮の空は赤いのだ。唯一体制は共産独裁とは違う。開発独裁とも全く違う。この体制に会った瞬間、収奪と引き換えに得た日本の資産、共産陣営の援助、西側諸国の好意的投資は、砂漠にまかれた水のように蒸発してしまった。それは今後も同じだろう。
http://news.livedoor.com/

朝鮮日報は、トランプ米大統領は「北朝鮮が核兵器を放棄すれば体制を保証する」と言った。その上、「韓国並みの繁栄」まで約束した。これほどの矛盾はない。体制を保証すればいかなる繁栄も不可能だ。繁栄のためには体制を変えなければならない。究極のことを言えば、体制の変更なしには完全な非核化も達成できない。北朝鮮の体制を支える唯一の力が核だからだ。この回りに回った矛盾を知りながら、口にしない。今の局面が崩れるのではないかと恐れていると報じている。

さらに、北朝鮮の同胞のためなら100兆ウォン(約10兆円)でも1000兆ウォン(約100兆円)でも惜しんではならない。しかし、この努力が北朝鮮を繁栄させ、その繁栄が後日、平和と南北統一につながるという希望が一かけらでもなければならない。希望がない支援は「人質の身代金」に過ぎない。それなら、このまま北朝鮮の核を隣にして生きる道を考えた方がいいとした。一方で、統一資金は現実的ではない。 仮にODAや世界銀行が融資したとしても、北朝鮮に投資するだけの価値があるのかという事になる。価値を見出せるのは中国だけではないか…。安い労働力と資源に、内心笑っているように感じるが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月27日 09:12 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp