韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  文在寅大統領と金正恩委員長、板門店で再会談

文在寅大統領と金正恩委員長、板門店で再会談

文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が26日午後3時から5時まで板門店(パンムンジョム)北側板門閣で2度目の首脳会談を電撃的に開催した。 青瓦台(チョンワデ、大統領府)の尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席秘書官は、両首脳がこの日4・27板門店宣言の履行と米朝首脳会談の開催成功に向け虚心坦壊に意見を交換したと明らかにした。

双方の合意により会談結果は27日午前10時に文大統領が直接発表する予定だ。 この日の文大統領と金委員長の会談は先月27日の初めての会談から1カ月もたたずに行われた2度目の首脳会談となる。 今回の会談は最近トランプ米大統領が来月12日に予定された米朝首脳会談の取り消しを宣言したことを受け韓半島(朝鮮半島)の非核化と平和体制定着が最大の危機を迎えたという状況認識の下で進められたとみられる。

この日の首脳会談には韓国側からは徐勲(ソ・フン)国家情報院長が、北朝鮮側からは金英哲(キム・ヨンチョル)党中央委員会副委員長だけが同席したという。 この日文大統領が統一閣に到着した際には金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党中央委員会第1副部長が出迎えた。両首脳は会談後に互いに抱擁したりもした。


青瓦台関係者は「北側がホットラインでの通話よりは金委員長が直接会って米朝首脳会談取り消しなどで急変した韓半島情勢を議論しようと提案して2度目の首脳会談が実現した」と伝えた。
http://japanese.joins.com/

韓国大統領府によると、両首脳は初会談で署名した「板門店宣言」の履行や米朝首脳会談の開催成功に向け「虚心坦懐(たんかい)に意見を交換した」という。トランプ米大統領は24日、シンガポールで6月12日に予定されていた米朝首脳会談の中止を表明。米朝関係が対話局面から対決局面へ逆戻りする懸念も指摘される中、南北首脳は急きょ会談を設定したもようだ。 韓国側は情報機関、国家情報院の徐薫院長、北朝鮮側は金英哲党副委員長が同席した。

南北首脳の具体的なやりとりは公表されていないが、正恩氏はトランプ氏との会談実現に改めて意欲を示したとみられる。文氏は22日にワシントンで行ったトランプ氏との会談内容を説明し、非核化に応じれば「体制保証」を行う用意があることで一致した点を強調しつつ、具体策を論議した可能性もある。どちらにしてもパフォーマンス合戦でしかないが…。当分駆け引きは続くのだろう。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月27日 09:29 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(1)
メッセンジャーボーイ
トランプが文在寅をメッセンジャーボーイ(使い走り)に
使っているような。
[ 2018/05/27 10:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp