韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  トランプ大統領「誰しもゲームはする」…二日で急きょ中止から再推進へ

トランプ大統領「誰しもゲームはする」…二日で急きょ中止から再推進へ

「誰しもゲームはするものだ」
ドナルド・トランプ大統領は「6月12日シンガポール会談」を取り消す書簡を発表してから1日経った25日(現地時間)午前、朝米首脳会談に対する記者団の質問にこのように答えた。「会談中止の書簡」は朝米会談をなかったことにするためではなく、“取引の達人”と呼ばれる自分が繰り出した戦略の一環ということだ。

トランプ大統領は実際、24日午前、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長宛てに公開書簡を送り、会談中止を宣言してから8時間後に、北朝鮮のキム・ゲグァン外務省第1副相が「首脳会合」が切実に必要だとしたことを受け、25~26日の2日間にわたり会談実現の可能性を段階的に高めた。

トランプ大統領は25日午前8時20分、ツイッターに「北朝鮮がとても暖かくて生産的な声明を発表したという良い知らせを聞いた」としたうえで、「我々は、それがどのように進むかを見守ると共に、長く持続的な繁栄と幸福をもたらすことを望んでいる。ただ、時間と(才能だけが)解決してくれるだろう」という書き込みを残した。キム副相の談話をかなり肯定的に評価したわけだ。


トランプ大統領はまた、海軍士官学校の卒業式典で祝辞を述べるためにホワイトハウスを後にする前、朝米首脳会談開催の可能性を尋ねる記者団に「私たちは今彼ら(北朝鮮)と話をしている。どうなるか見守ってみよう」とし、首脳会談の火種を蘇らせるための非公開接触が始まったことを明らかにした。彼はこの場で「彼ら(北朝鮮)は、それ(朝米首脳会談)を切に願っている。私たちもそうしたい」としたうえで、「もしかすると(6月)12日になるかもしれない」とし、(会談中止の)書簡を発表した翌日に、予定通り朝米首脳会談が実施される可能性について言及した。
http://japan.hani.co.kr/

ハンギョレ新聞は、文大統領は2度目の南北会談を通じて朝米間の隔たりを埋めると共に、北側が完全な非核化への見返りとして求めている体制保障に対する金委員長の疑念を解消するのに務めたという。文大統領は「トランプ大統領は、金委員長が完全な非核化を決断して実践した場合、北朝鮮との敵対関係の終息と経済協力に対する確固たる意志があるという点を伝えた」と述べ、、さらに「金委員長とトランプ大統領は、いずれも朝米首脳会談の成功を心から望んでおり、両者が直接的な意思疎通を通じて誤解を解き、首脳会談で合意すべき議題について、実務交渉で十分な事前対話を行う必要だという点を強調した」とし、「金委員長も同意した」と付け加えたと報じている。

トランプ氏にしても自身の実績が必要なわけで、文大統領利用のパフォーマンスを演じている。一方で、これは南北の問題であるから、米国は税金を使わないと宣言しているわけで、北朝鮮の核放棄から企業投資で韓国を利用するだろうし、日本にも働きかけるだろう。米朝首脳会談には、各国様々な思惑がある。日本もしっかりと独自の考えを持っていないと、トランプ氏に利用されることになりかねない。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月28日 08:12 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp