韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  正恩氏“悪あがき” 文氏と組んで『非核化条件』 米は「イエス」か「ノー」のみ

正恩氏“悪あがき” 文氏と組んで『非核化条件』 米は「イエス」か「ノー」のみ

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が、悪あがきをしている。ドナルド・トランプ米大統領の「米朝首脳会談(6月12日)打ち切り通告」におびえ、とりなしを求めて韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との首脳会談に踏み切りながら、条件を小出しにしているのだ。米国の求める「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」や「拉致問題解決」に応じない限り、正恩氏に明るい未来はない。

《米国の代表団が、首脳会談に向けた協議のため北朝鮮に到着した。北朝鮮には素晴らしい潜在力があり、いつの日か経済・財政的に卓越した国になり得る。この点で私と正恩氏は同意している。必ず実現する!》 トランプ氏は27日(米国時間)、ツイッターにこう書き込み、一度は中止を表明した米朝首脳会談の準備を進めていることを明らかにした。 米紙ワシントン・ポスト(電子版)によると、訪朝したのはソン・キム元駐韓米大使(現駐フィリピン大使)や、NSC(国家安全保障会議)のアリソン・フッカー朝鮮部長らで、28、29日に、「正恩氏直結の女」ともいわれる崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官らと会談する見通し。

米朝首脳会談に向け、トランプ政権は主導権を握った。 トランプ氏が24日、書簡で会談の打ち切りを通告して以来、北朝鮮は慌てふためいている。金桂寛(キム・ゲグァン)第1外務次官が翌日出した談話は、米朝首脳会談を「切実に必要」として、開催を懇願した。26日には、正恩氏の要請で、2度目の南北首脳会談が開かれた。 ただ、悪あがきも続けている。


文氏が27日に行った記者会見によると、正恩氏は4月の南北首脳会談に続き、「朝鮮半島の完全な非核化」の意思を表明した。「朝鮮半島の非核化」とは、自国だけでなく、米国にも韓国に核を持ち込まないよう求める内容となっており、「北朝鮮の非核化」とは性質が異なる。 米政府当局者によると、CVIDを目指すトランプ政権は、北朝鮮に対し、「保有する核弾頭の早期国外搬出」を求めているとされるが、北朝鮮は難色を示している。米朝の溝は解消されていない。

米国政治に詳しい福井県立大学の島田洋一教授は「北朝鮮には、米国務省を引っ張り出して、譲歩を勝ち取りたいという戦略がある。米朝首脳会談を『ショー』に終わらせ、その後の国務省との実務者協議で内容を詰めるというものだ。それに韓国を協力させるため、南北首脳会談を実施したのだろう。だが、トランプ氏は『核・ミサイル問題』で強気の態度を変えていないと思われる。米朝首脳会談で、核廃棄について『イエス』か『ノー』かを迫るのではないか」と話した。
http://www.zakzak.co.jp/

金正恩氏は会談で「米朝首脳会談の成功を通じ、戦争と対立の歴史を清算し、平和と繁栄のため協力する」との意欲を表明。4月27日の会談に続き「朝鮮半島の完全な非核化」の意思を示したという。そのうえで両首脳は朝鮮半島の非核化と平和体制構築のためのプロセスを中断しないことを確認したという。文氏はトランプ氏との22日のワシントンでの首脳会談の内容について金正恩氏に、「北朝鮮が完全な非核化を決断して実行すれば、トランプ大統領は北朝鮮との敵対関係を終息させ、経済協力を行う意思があることを伝えた」と述べた。

だが、経済協力は後に大きな問題となる。どの国が融資するのだろうか…。資源豊富で将来性があると語ったところで、資源利用までのインフラは容易ではない。南朝鮮とよく相談することである。次は当然日本に歩み寄るだろう。日本政府も惑わされずに、しっかりとした意思を持つことを祈りたい…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月29日 09:53 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp