韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  適切な北朝鮮発展計画

適切な北朝鮮発展計画

今後、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)政府官僚たちが直面する苦悩に対して、同情を感じざるを得なくなるであろう。というのも、多国籍エネルギー企業コークインダストリーズ(Koch Industries)をはじめとする、巧みな話術を持つ巨大企業の起業家を突然直面せねばならないからである。これらの企業家は、相手を圧倒しようとして中身のない煌びやかな提案を前面に出し、賄賂を含むあらゆる手段を動員して、北朝鮮の資源にアクセスするための鍵を譲り受け、北朝鮮の地を永遠に踏みもしない投資家の利益のために、北朝鮮を搾取できるようにするであろう。

このような過程は、あまりにもよく知られている。我々は、サウジアラビアと他の湾岸諸国でそのような事例を見てきた。最初は、英国国営石油会社(British Petroleum)が、続いてスタンダード・オイル(Standard Oil)が、その後、別の企業が少数のエリートに対して富を与えてあげると唆し、外国人投資家と一握りにもならないサウジアラビア人たちのために、サウジアラビア天然資源を無慈悲に搾取した。その結果、教育と社会福祉は言うまでもなく、サウジアラビア国内の公共基盤施設も非常に後進的な状態に留まっている。

北朝鮮には、私たちの助けが必要である。私たちはまた、これらのリスクにどのように適切に対応するかについてタイムリーなアドバイスを提供しなければならない。北朝鮮に対する強奪は朝鮮半島全体を相手にする強奪と見なすことができる。

スポンサードリンク
天然資源の開発がもたらす長期的な影響を、平壌が自主的に、あるいは利害関係にとらわれない高い道徳性を持った国際アドバイザーの助けを借りて、評価に十分な専門性を備えるまで、北朝鮮の天然資源の過度の開発は、条件なしに凍結されるべきである。天然資源の採掘に関するすべての提案については、専門家による幅広い環境評価を行うべきである。貴重な土壌を破壊し、取り返しのつかない破壊をもたらすことに、ウランと鉄鋼及びその他の資源の露天採掘は禁止されるべきである。

北朝鮮に信じられないほど大量に埋まっている石炭をどのようにするかは、核プログラムの解体よりもはるかに難しい問題である。石炭の使用が気候に破局的な影響を及ぼし、石炭や石油の使用の継続が今後30年以内に地球を人間が居住することができない場所にすることは、科学研究の圧倒的な証拠によって確認された。最も優れた政策は、北朝鮮政府が埋蔵された石炭を触らずに放っておくことである。
https://www.huffingtonpost.jp/

日本が韓国にインフラを実施した莫大な費用とインフラ年月は単純ではない。同じことを北朝鮮に実施すれば、長い年月と莫大な費用を、いったいどの国が計画し実施するのだろうか…。単に企業投資で済む問題ではない。記事で北朝鮮発展計画というが、どの国も税収で悩む中、特に老化が進む韓国に出来ることは無い。自国も崩壊寸前である。周辺国が助けるとか、世界銀行に頼るとかと言う前に、南北の問題である。丸投げでなく、自分たちで対応方法を考えなければ、誰も相手にしないし、何も進まないと思うが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月30日 08:28 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp