韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  雇用「地獄」を「天国」に変えた日本…韓国はなぜできないのか

雇用「地獄」を「天国」に変えた日本…韓国はなぜできないのか

事実上完全雇用に達した日本と、「雇用創出」が空回りしている韓国の経済政策の比較が最近増えている。企業が人材確保に没頭する日本の「採用戦争」と青年たちが針の穴をくぐるような入社競争を行う韓国の「就職戦争」を総合比較した29日付韓国経済新聞の深層報道はそうした比較の完結版だ。

今年日本の大卒就職率は98%、体感失業率は0%に到達した。求職者1人当たり求人数を示す「有効求人倍率」は3月基準1.59倍だ。0.6倍の韓国と比較すると「求職者天国」だ。23%を上回る青年層の体感失業率だけ見ても現在の韓国の雇用創出能力は日本と比較すること自体がきまり悪い。 5~6年前だけでも全くこうではなかった。日本は1990年代のいわゆる「バブル経済」以降、景気低迷期が長期化した上に、2008年の金融危機、2011年の東日本大震災などを経て長く厳しい時期を送った。日本の青年の間で「ロスジェネ」「就職浪人」のような自嘲的な新造語が出回ったほどだ。2013年の有効求人倍率が0.88倍だった日本が「就職天国」でがらりと変わることになった原因に注目する必要がある。

雇用市場には経済・非経済のさまざまな要因が総合的に作用する。企業の生産性、労働組合の活性度と労使関係、雇用関連法と制度などひとつひとつが意味ある変数だ。だがいま韓日間の比較では雇用創出能力を中心にした政府政策にさらに重点を置かなくてはならない。


日本は雇用の量の問題を解決し質を悩む好循環社会に進んでいる。「必要量」を供給できない韓国よりはるかに先を行っている。もちろん低い初任給など日本企業の賃金体系に対しては多様な解釈と評価が可能だ。だが大企業と中小企業間の深刻な格差、公共部門に集まる青年たちの偏りのような後進的で構造的な問題点はない。韓国では「資本所得の二極化」より「賃金所得の二極化」が深刻に進んでおり、労働界層内の格差も普通の問題ではない。

こうした状況でも韓国政府は最低賃金など一連の雇用懸案で労働界最上層の既得権を打破することができず、民間の良質の雇用創出を自ら妨げている。企業の役割を度外視したまま官製雇用創出にすがり続けるならば結果は見るまでもない。韓国政府は間違って捉えた方向を固守しており、国会は傍観者になった。韓国の青年たちが隣国の有り余る雇用を得るために「生存用日本語」の勉強にすがる現実を見守らなければならないのか。
http://japanese.joins.com/

2016年、国家戦略プロジェクトは成長動力を確保する分野と国民の生活の質を高める分野に分けて選定した。成長動力を確保する分野には、人工知能、仮想拡張現実、自動運転自動車、軽量素材、スマートシティなど5項目が上程された。 また、国民の幸せと生活の質を高める分野では、精密医療、炭素資源化、粒子状物質、バイオ新薬など4項目が候補課題として上程された。 未来創造科学部は「低成長時代に直面したわが国の現実と4次産業革命時代を迎えて新しい成長動力の発掘は切実。このような状況で、国レベルの推進分野を選び大胆な投資と官民の協業に向けた国家戦略プロジェクトを推進していくことになった」と明らかにした。

国家戦略プロジェクトが最終的に決まれば、成果を創出するための官民協業が進められる。政府部署間でも戦略的協業が行われるとしていた。実施することを語るのは簡単だが、実施するべき方法論は無いのが韓国である。結局実施できずに成長戦略が遅れている。その結果、雇用に大きく影響する。それ以外にも内需活性化による中小企業改革は一向に進んでいない。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月30日 09:05 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(2)
繰り言
 十年程前には日本経済は没落したと喜んで馬鹿にしていた韓国、中国が今また日本に擦り寄ってくる、物まね、技術搾取と為替操作で経済発展したと錯誤して基礎研究を疎かにした結果が現状だがその分析と反省が出来ないのでは雇用創出など不可能だと思う。
 今の日本は韓国などに技術供与をする気など無い、合弁などで投資してもノウハウを盗まれた挙げ句に追い出されるのが関の山だファミリーマートの様に、朝鮮人との関係は信用してはならないと肝に銘じて付き合う事だ福沢諭吉が言った様に。
 繰り言とは”同じこと、特に愚痴ぐちなどを何度も繰り返して言うこ”で朝鮮人の繰り言はもお~聞き飽きた。
 
[ 2018/05/30 10:05 ] [ 編集 ]
選り好み
韓国の「就職戦争」というのはきわめて特殊な状況のようです。
農業人口250万人(全人口の5%)、外国人労働者200万人というから、
若年求職者が「選り好み」している、人気職種に集中しすぎだろう。
魅力のある中層・下層職をつくりだせないのは差別社会だからか。

「仕事よこせ」デモはないようだから、社会問題ではなくて、
そのままでよさそうだ、2235
[ 2018/05/31 00:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp