韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日本と韓国の経済力はどっちが上? 「比較できる次元になかった」

日本と韓国の経済力はどっちが上? 「比較できる次元になかった」

日本と韓国はサッカーや野球などではライバル関係にあると言われることが多いが、経済の実力でもライバル関係にあると言えるのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、「経済的な実力が上なのは日韓のどちらか」と題する記事を掲載し、日韓両国の経済を比較している。

記事は、韓国の国土面積は約10万200平方キロと、約37万8000平方キロの日本の3分の1以下であることを強調。そのうえで2016年の国内総生産(GDP)は韓国が1兆4110億ドル、日本が4兆9390億ドルだったことを伝え、GDPでは規模でも1人あたりGDPでも日本のほうが韓国を上回っていることを紹介した。 続けて、韓国は香港やシンガポール、台湾と並んで「アジア四小龍」と呼ばれ、その経済力が評価されていると紹介する一方で、「小龍」が存在するということは「大龍」も存在するということだと強調。ここに日本が入っていないのは「日本は『小龍』ではないからだ」と伝え、日本と中国の経済力は「大龍」と呼ぶにふさわしいものだと論じた。

さらに、日韓の経済力を「側面」から比較しても、日韓の差は非常に大きいことがわかるとし、日本はこれまでに自然科学分野でノーベル賞受賞者を数多く輩出し、米医学界最高の賞とされるラスカー賞の受賞者も日本は複数輩出していると強調。他にも日本は世界的権威のある賞の受賞者を多数輩出しているが、韓国には自然科学分野のノーベル賞受賞者はおらず、世界的権威のある賞の受賞者も日本人より圧倒的に少ないのが現状だと指摘した。

スポンサードリンク
一方で記事は、韓国の製造業はディスプレイパネルや半導体などの分野で日本を上回る競争力を持つと指摘する一方、国全体の国際競争力ではやはり日本のほうが韓国を上回ると指摘。その根拠として、世界経済フォーラムが発表している「世界競争力報告」のデータを挙げ、年によって変動はあっても日本のランキングは一桁台であるのに対し、韓国は20位台であることを指摘し、総括として「韓国と日本を比較すること自体が間違いであり、日韓の競争力は同じ次元にあるものではない」と論じた。
http://news.searchina.net/

長期不況を経験している日本の場合、GDPギャップは07年(0.78%)を除いて、1998年(マイナス1.25%)から2016年(マイナス1.50%)までの18年間マイナスを記録している。韓国のGDPギャップが下がることにより、16年の日韓間のGDPギャップの差は0.05ポイントにまで減った。韓国の成長鈍化の速度が日本と同水準に落ち込んでいる。 また報告書は、韓国のリスク対応能力が日本に比べて劣る点も指摘した。16年基準のGDPに占める国債の割合は韓国が38.9%で、250.4%と推定されている日本に比べ低い。しかし、リスク発生時の対応手段となる外貨準備高を比べると、韓国は3711億ドル(約41兆円)、日本は1兆2168億ドル(約134兆2500億円)と、韓国は日本の3分の1の水準で、日本と比較した韓国のリスク対応能力の脆弱さが見て取れる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月30日 09:26 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp