韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  LG、ロボット製造会社を買収へ…未来の産業に育成

LG、ロボット製造会社を買収へ…未来の産業に育成

LGエレクトロニクスが韓国の産業用ロボット製造会社「ロボスター」を買収する。 LGエレクトロニクスは7月中にロボスターが実施する第3者割当有償増資に参加し、20%の株式を取得する予定だと29日、明らかにした。普通株195万株で投資金額は約536億ウォン(約54億円)。さらに来年末までに「ロボスター」の経営陣が保有する株式の一部の13.4%を追加で取得すれば、持ち株比率は33.4%に増える。事実上、LGエレクトロニクスの子会社に編入されるというのが会社側の説明だ。

1999年に設立されたロボスターはディスプレー・半導体・自動車などの生産工程で使用される産業用ロボット分野で国内最高水準の技術力を保有する。LGは生産ラインの効率化のために今年から導入する知能型自律工場の構築にロボスターの産業用ロボット技術を積極的に活用する計画だ。今回の買収も未来の成長動力と見なされるロボット事業育成の一環と解釈される。

LGは今月2日、ロボットの核心技術の一つ、感性認識分野が強い国内人工知能スタートアップ「アクリル」に出資し、昨年からはウェアラブルロボットのスタートアップ「エスジーロボティクス」との技術協力を強化するなど、最近はロボット・人工知能事業の競争力向上に力を注いでいる。サービスロボット、ポーターロボット、ショッピングカートロボットなど新しいロボット3種類を公開したりもした。

スポンサードリンク
LGが第4次産業革命の核心サービスと評価されるロボットに目を向けたのは、主力産業の家電業界の成長が限界に到達したためという分析だ。北米・欧州など巨大市場は競争がさらに激化し、東南アジア・中南米など新興国では中国企業が追撃している。従来の事業ポートフォリオだけではLGの未来が見えないという危機意識が作用したということだ。
http://japanese.joins.com/

LG電子が、オーストリアに拠点を置く自動車用高級ヘッドランプの専門製造会社ZKWを買収する。LGグループ創立以来最大規模の買収合併(M&A)である。LGがグループレベルで育成する未来事業である自動車電装事業に弾みがつく見通しだ。LG電子は4月26日、理事会を開きZKW持分70%を7億7000万ユーロ(約1兆108億ウォン)で買収する契約を締結した。LGもこの会社の株式30%を3億3000万ユーロ(4332億ウォン)で買収することにした。総買収規模は11億ユーロ(1兆4440億ウォン)である。 ZKWの買収によりLGグループの自動車部品事業を加速できる見込みである。自動車部品事業領域が拡大され、顧客の確保の効果も期待されている。

LG電子はZKWの買収でグローバル自動車部品階層1(Tier 1)企業立地をさらに固める。これまで△ infotainment device△電気自動車ソリューション△安全性と快適性の3つの分野で、自動車部品事業を拡大してきている。記事の買収も関連があるだろう。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月30日 16:11 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp