韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日本など海外のスイーツ コンビニで大人気

日本など海外のスイーツ コンビニで大人気

韓国のコンビニエンスストアで海外のスイーツが大きな人気を集めている。韓国のコンビニ大手CUが日本から直輸入して販売するロールケーキ「もちロール」は先月、初回入荷分20万個が発売から10日で完売した。1カ月間の販売を予想して準備した数量だったが、わずか10日で売り切れた。追加入荷した20万個も完売し、高い人気ぶりがうかがえる。

韓国で「もちロール」は、日本旅行の際にコンビニで必ず買うべき商品に挙げられている。CUは日本のコンビニに同商品を納入している製造会社と契約を結び、業界で初めて韓国に輸入した。 もちロールの人気により、ここ1カ月間のCUのデザート売り上げは前年同期間の3.5倍に増加した。 CUを運営するBGFリテールの関係者は「もちロールは外国の有名商品に対する消費者の隠れた需要を見つけ出して成功した代表的な例」と話している。

GSリテールが運営するコンビニ、GS25は昨年からUHA味覚糖のグミ「コロロ」を販売し、好評を得ている。また、韓国の旅行客が台湾に行ったときに必ず買ってくるというヌガービスケットも2016年から販売。これまで100万個以上を輸入するほど好調な売れ行きを見せている。 コンビニ業界は日本や台湾のほかに、東南アジアの商品にも目を向けている。


GS25が今年3月に発売したベトナムのフォー(米麺)のカップ麺「PHO THIT BO」もヒット商品だ。初回入荷分20万個が10日で完売した。GSリテールの関係者は「海外で見かけた商品に対する消費者の関心が高まっており、帰国後に買い求める場合が多い」と述べた。 CUは昨年6月からナタデココ入りジュース「MOGU MOGU」をタイから輸入し販売している。また、昨年はタイから輸入したエビを使った弁当やサンドイッチ、ハンバーガーなども販売した。
http://www.chosunonline.com/

店舗数が1位の「CU」は、BGFリテール(旧普光ファミリーマート)が運営するコンビニチェーン。自動販売機のベンダー業を営む普光グループが、1990年に韓国国内におけるファミリーマートのフランチャイズ権を獲得し「ファミリーマート」を展開した。しかし商品開発や出店戦略を独自に行ったり、2012年には「CU ウィズ・ファミリーマート」に店名を変更するなど「脱ファミリーマート」化を志向したため、最終的にファミリーマートは2014年に保有分の株式を市場で売却し韓国から撤退した。

店舗数が2位の「GS25」。1990年に韓国の財閥であるLGグループが設立したコンビニチェーン。当初は「LG25」と名乗っていたが、2005年のLGグループ分割を期に運営会社名を「GSリテール」、ブランド名を「GS25」と変更している。2017年にはベトナム進出を発表するなど、こちらも海外展開に意欲的。 一方、店舗数が3位の「セブンイレブン」は、コリアセブンが運営している。1989年にソウルオリンピックの選手村アパート商店街に、コリアセブンが韓国初のコンビニエンスストアとして1号店を開店。コリアセブンは、その後1994年にロッテショッピングが経営権を取得。1997年にはロッテリア韓国法人が吸収、さらに1999年ロッテリアから独立しロッテグループの系列会社となる。

店舗数が4位の「ミニストップ」は、運営する韓国ミニストップは日本のミニストップの現地法人。「ミニストップ」は、1990年にソウルに1号店を開店しているなど、意外と早くから韓国へ進出をしている。最大株主は日本のイオングループ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月31日 08:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp