韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  これからは韓国の子どもを日本にやらなくてはならないのか

これからは韓国の子どもを日本にやらなくてはならないのか

最近、日本で就職がよくできるということは広く知られている。リクルートワークス研究所によると、企業の来年大卒予定者求人総数は81万4000人。それに比べて求職者は43万2000人で、38万2000人足りない。この不足分は韓国20代の失業者全体数とほぼ同じだ。そのためか、最近は子女の就職問題で連絡してくる知人がいつにもまして増えた。韓国では就職難なので、今からでも子どもを日本にやらないといけないのだろうかという愚痴が大部分だ。

統計だけ見ると、日本の大卒者は何もしなくても企業が寄ってくるかのように映る。だが、現実は全く違う。日本の就活生にとっても就職難は相変わらずだ。就職先がなくて難しいのではなく、その多くの職の中から自分に合うものを探っていく過程が大変だということだ。これを「摩擦的プロセス」という。

企業は3月1日に募集サイトを一斉にオープンして採用を開始する。5月までの書類審査・適性検査などに続き、6月から面接が行われる。これは経団連のガイドラインだが、きちんと守られていない。4~5月にセミナー・座談・交流会という名のもとに実質的面接をする企業が多い。この時、合格者がある程度選ばれる。5月の内定率はすでに40%を越えた。メディアではこれを「フライング(不正出発)選抜」と批判するが企業は人材確保のためには仕方ないという。


まだ大多数の就活生は不安と焦りの中で数多くの会社の門を叩いている。たいてい20~40社に願書を出している。企業は不合格者に「今後の活躍を祈ります」というメールを送るため、就活生は不合格を「祈られた」「お祈りメールが来た」といっている。祈られる就活生が多いということは、あふれる職の中の就職難を見せている。

これをあおっているのが大企業偏重の風潮だ。従業員300人未満の中小企業の求人倍率は9.91だ。企業が10人の求人を出しているのに、たった1人しか応募しないことになる。その反面、5000人以上の大企業の求人倍率は0.37で歴代最低だ。求人は5万1000人だが求職者は13万9000人だ。東京証券取引所1部上場企業2086社中5000人以上の大企業は500社にならない。ここに集まる就活生にとって、就業の門は狭きものにならざるを得ない。それでも中小企業がどれも受かりやすいかというとそういうわけでもない。企業別に少数を選ぶとミスマッチが頻繁に起こる。4~7人を募集していた東京のある製菓会社には1万6000人を越える就活生が集まった。
http://japanese.joins.com/

日本に就職した韓国人が2万人を越えた。 日本厚生労働省と法務省によれば日本で就職した韓国人(技術・人文知識・国際業務ビザ発行基準)が昨年2万1088人に及び、史上初めて2万人を越えた。 特に毎年1%前後増加していた日本国内韓国人就業者の数は2015年から急速に増えている。2016年には就業者増加幅が13.6%に及び、昨年も11.4%も増加して毎年継続的に大幅に成長している。 日本国内の韓国人採用増加は日本企業の実績改善にともなう採用増加と高齢化にともなう働き手不足によるものと分析される。ことし1月の日本の有効求人倍率(求職者対求人者の比率)は1.59で歴代最高水準だ。昨年12月1日を基準とし、今春の大卒予定者と高卒予定者の就職内定率(就職希望者のうち就職が決定された比率)はそれぞれ86%と88.1%に及んだ。

韓国と日本財界は日本の働き手不足現象解消のために、去年の第27回韓日財界会議で韓国青年の日本就職を支援することにした。13日には韓国全国経済人連合会が日本経済団体連合会、韓日経済協会、日韓経済協会と共同で「日本に就職する準備をしよう」を主題としたセミナーを開催する。同セミナーには日本企業の人事担当者などが参加し、韓国の青年および大学生に日本就職のノウハウを伝授するとした。韓国人よりはインドネシアなどの新興国がレベルを上げて来ている。国民性を考慮すれば、韓国人よりは他国で十分だと考えるが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月01日 09:34 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(4)
不法就労者はもっと多そうですね。
[ 2018/06/01 12:28 ] [ 編集 ]
「イヤです」
日本人「イヤです」
韓國人「イヤです」
[ 2018/06/01 12:43 ] [ 編集 ]
出たがる人を国が後押し
4年前から韓国政府が若者の海外就職を後押しした。
その努力が実を結んできたと見えます。
で、希望先は日本が一番ではない。
>「海外就職に興味がある」と答えた人が就職したい地域として選んだのは、
>北米(36%)、ヨーロッパ(29%)、アジア(27%)、オセアニア(6%)の順だった。

韓国政府が若者の海外就職を積極支援
2014年3月19日
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20140318/261352/

海外就職支援は今でも続いている。
大韓貿易投資振興公社KOTRA
韓国人材採用(K-move)
http://kotra.or.jp/kmoveform/
[ 2018/06/01 17:19 ] [ 編集 ]
来なくて良い
 朝鮮人、中国人は日本に職探しに来なくて結構です、転職を繰り返し仕事を継続してやれない人材など日本にはいらない、日本企業は継続して会社の発展の為に勤勉に尽力する人材が欲しいのであって只賃金目当ての浮き草人材は必要としないし企業秘密を盗まれそうな朝鮮人、中国人は来なくて良い。
[ 2018/06/01 19:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp