韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  最低賃金肯定効果が90%という韓国大統領の認識

最低賃金肯定効果が90%という韓国大統領の認識

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は昨日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)国家財政戦略会議を主宰しながら最低賃金の引き上げと所得主導成長という政府の経済政策基調は決して変わらないと強く表明した。文大統領は「1-3月期における下位20%世帯所得が大幅に減少したのは痛い部分だが、所得主導成長の失敗や最低賃金の急激な引き上げのためだという診断が性急に下されている」と述べた。一方で、政府が最低賃金問題にしっかりと対応していないと叱責した。

文大統領は「(最低賃金引き上げの)肯定的効果が90%」とし「これを党・政・青が十分に自信を持って説明しなければならない」とした。3日前の青瓦台会議で、最低賃金問題で激論を交わした張夏成(チャン・ハソン)政策室長と金東ヨン(キム・ドンヨン)経済副首相のうち、文大統領は明確に張室長の手をあげたことになる。 最低賃金の引き上げに速度調節が必要だという現場の叫びに耳を傾けない大統領の認識は残念だ。もちろん、高齢者を中心に非勤労者の所得減少や零細自営業者などの困難など、不十分な部分を補完して対策を用意するよう指示もした。だが、最低賃金引き上げの肯定効果が90%だと公言する大統領の前で、果たして誰が最低賃金引き上げの苦痛と雇用減少という否定的効果を正しく報告できるか心配だ。

文大統領は「成長動力を作り出すにあたり、革新成長が最も重要だ」とし「革新成長は経済副首相を中心に経済チームが一層奮発してほしい」と注文した。3日前に大きくなった経済コントロールタワー問題を払拭しようとの意図だったのだろうが、市場に与えるメッセージとはややズレがある。


大統領が強く推し進めている最低賃金の引き上げなど所得主導成長は青瓦台政策室長が、経済民主化は公正取引委員長が、規制改革と革新成長は経済副首相が銃を担ぐ構造に映るためだ。権限と地位がこのように縮こまった経済コントロールタワーをコントロールタワーと呼べるのかどうかわからない。
http://japanese.joins.com/

朝鮮日報は、最低賃金が一気に引き上げられた影響で低賃金労働者の雇用が減り、これが所得分配の悪化につながったことを示すデータや資料はいくらでもあり、また専門家の分析でもすでに結論が出ているとし、今年に入ってコンビニなどのアルバイトや飲食店従業員など最低賃金の影響を大きく受ける低賃金労働者の数も大幅に減少したと報じている、卸売り・小売り・外食・宿泊などの分野における雇用は1-4月だけで16万人が減少し、パートタイムや日雇いに至っては何と64万人が仕事を失ったという。

一方で、「最低賃金引き上げの恩恵を受けたのは大手企業の従業員だけ」とする雇用労働部のデータも公表されている。中小企業改革と言葉で語っても、大手企業に目が行く文大統領である。自分が実施したことを悪いとは言わない韓国大統領のご都合主義体質でもある。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月01日 16:23 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp