韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  Apple、アプリネットワークを活用した広告事業を展開か

Apple、アプリネットワークを活用した広告事業を展開か

これまで広告に依存せず、製品販売に集中してきたAppleが、サービス事業のさらなる成長のため、デジタル広告事業の拡大に乗り出すようです。Wall Street Journalによれば、Appleは過去1年の間、写真共有アプリのSnapやPinterestを含む複数社と会い、アプリ経由で広告を配信するApple独自のネットワークへの参加について交渉を重ねていた模様です。

App Storeの検索広告「Search Ads」は、現在はまだ小規模ながらも確実に売り上げを伸ばしており、関係者によれば昨年の売り上げは約10億ドルに上ります。Appleは、たとえばSnapchatアプリで「NFL」関連の写真を検索すると、NFLのチケット再販アプリが表示されるといったような方式を考案していると関係者は述べています。ただし現時点では、Appleがどのような広告ネットワークを検討しているのかは不明です。AppleはSearch Ads表示のために、ユーザーの氏名、住所、年齢、性別、使っているデバイス、アプリ、視聴した音楽、動画、ダウンロードした書籍などの情報を収集すると説明しています。ただしマップやSiriからの情報など、プライバシーに関連する情報は収集しないとしています。

Googleや、個人データの流出問題で大きな批判を浴びたFacebookのように、膨大なユーザー情報を収集してターゲティング広告事業を展開する競合他社と、Appleはどのような形で勝負していくのでしょうか。また広告事業に大々的に乗り出すことで、これまでの「プライバシー保護」方針が崩れたりしないのか、今後の展開に注目です。
https://iphone-mania.jp/


その一方で、米アップルは最近買収したデジタル雑誌購読アプリを「アップルニュース」に統合し、独自の有料ニュース購読サービスを始めるという。事情に詳しい関係者が明らかにした。スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」が主力商品のアップルはオンライン上のコンテンツとサービスからの売上高を増やそうと取り組んでいる。 アップルが先月買収で合意したテクスチャーの利用者は、月9.99ドル(約1070円)で200を超える雑誌を読むことができる。関係者の1人によれば、アップルは買収後すぐにテクスチャーの従業員約20人を削減したという。

アップルニュースのチームは現在、プレミアムサービスを構築中で、テクスチャーの技術と残りの従業員をこのチームに統合する。有料サービス付きのアップグレードされたアップルニュースのアプリは今後1年以内に投入され、その収入の一部が雑誌出版社に支払われるという。関係者が非公開情報だとして匿名を条件に語った。アップルはコメントを控えた。アップルは「ビーツ・ミュージック」とビーツのオーディオデバイス事業を2014年に30億ドルで買収。ビーツ・ミュージックの有料利用者数は100万人を下回っていたが、アップルが15年に始めた定額聴き放題の音楽ストリーミング「アップルミュージック」は有料利用者が4000万人を超えるサービスに成長した。

だが、ビーツでの成功を、ネットフリックスのニュースアプリ版といった有料サービスで再現するのは難しいとの指摘もある。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月03日 09:04 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp