韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  朝米首脳会談における北朝鮮代表団の経費は第三者が負担?

朝米首脳会談における北朝鮮代表団の経費は第三者が負担?

今月12日にシンガポールで開かれる予定の朝米首脳会談で、北朝鮮代表団の滞在費などの経費が敏感な問題に浮上している。北朝鮮は、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長のホテルの宿泊費など代表団の経費を第三国が負担してほしいと要請していると、ワシントンポスト紙が1日付で報道した。

同紙は今回の会談の準備事項に詳しい2人の人物を引用し、北朝鮮側がこのような要求をしており、米国政府はこの経費をシンガポール政府が肩代わりするよう要請する計画だと報じた。米国政府には北朝鮮代表団の経費を出す用意があるが、米国が直接支払った場合、北朝鮮側が侮辱として受け止める恐れがあるため、このような方策を模索しているということだ。 北朝鮮は今回の会談で米国代表団と同等の儀典と待遇を受けることを望んでいるものの、これらに必要な経費を支払う外貨が不足しているため、このような要求をしているものと見られる。北朝鮮側が金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の宿泊先として希望しているのは、特級ホテルであるフラトンホテルのプレジデンシャル・スイートルームで、一泊に6千ドル以上だという。

ヘザー・ナウアート米国務省報道官は1日「米国はシンガポールでの朝鮮民主主義人民共和国の経費を負担しない」と強調しながらも、米国が北朝鮮代表団の経費をシンガポール政府が肩代わりするよう要請する役割を果たす可能性は排除しなかった。これまで国務省は同問題に対する言及を拒否してきた。


シンガポールでの朝米首脳会談における北朝鮮代表団の経費負担問題は現在、国連や米国の対北朝鮮制裁に違反する事案であり、米国政府はこの事案に対する制裁の一時的猶予を模索している。 一方、朝米首脳会談の場所としては、リゾート島のセントサーにあるカペラホテルが有力だと同紙は報道した。現在、カペラホテルでは大型行事の開催に必要なテントなど、臨時建造物が設置されている。また、ドナルド・トランプ米大統領は会談中、大型国際行事を着実に誘致し、セキュリティに有利なシャングリラホテルに泊まるものと予想される。
http://japan.hani.co.kr/

史上初めての開催が決まった米朝首脳会談について、アメリカのメディアは、金正恩朝鮮労働党委員長ら北朝鮮の代表団の宿泊費が高額に上り、払えないおそれがあるため、誰が負担するのかなど関係各国の間で調整が進められているNHKが報じている。トランプ大統領は、北朝鮮のキム・ジョンウン委員長との史上初となる首脳会談について、今月12日にシンガポールで開催すると発表している。

ところがシンガポールでは、すでに双方の政府関係者が準備を進めているが、アメリカの「ワシントン・ポスト」は1日、関係者の話として、キム委員長らの現地での宿泊費を誰が支払うか結論が出ていないと伝えている。キム委員長ら北朝鮮側はシンガポールの最高級ホテルに宿泊することを検討しているとされ、一泊60万円以上の部屋も含まれているということですが、北朝鮮は外貨不足に悩まされているため支払いには外国からの支援が必要だとしている。

アメリカ側が北朝鮮の費用を肩代わりすることを検討しているものの、これを北朝鮮が侮辱だと受け止める可能性があるほか、北朝鮮への経済制裁に抵触するおそれがあるという見方もあり、結論が出ていないという事の様だ。シンガポール政府が負担するという案も検討されているということで、首脳会談の実現に向けて関係各国の間で調整が進められている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月04日 08:23 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp