韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代ロテム、日本企業など抑えて台湾の歴代最大鉄道車両事業を受注

現代ロテム、日本企業など抑えて台湾の歴代最大鉄道車両事業を受注

現代ロテムが台湾で1兆ウォン(約1000億円)近い大規模な鉄道車両事業を受注した。

現代ロテムは台湾鉄路管理局(TRA)が発注した9098億ウォン規模の郊外線鉄道520両納品事業を受注したと4日、明らかにした。現代ロテムは520両すべてを昌原(チャンウォン)工場で生産し、2024年までに納品を終える予定だ。現代ロテムが台湾で鉄道車両事業を受注したのは1999年のTRAの56両受注以来。

これまで台湾市場はフランスやイタリアなど欧州と日本の企業に対する信頼度が高く、現代ロテムの受注が非常に難しかったところだ。現代ロテムは車両内の座席の背もたれが低くて不便だという乗客の意見を反映して座席の上部にヘッドレスト設置を提案し、ブレーキ装置など主な核心部品に対する品質保証期間も従来の3年から5年に延長するなど、乗客と担当省庁の要求事項にすべて応じたという評価を受けた。

現代ロテムの関係者は「今回の事業は台湾市場で発注された鉄道車両事業のうち過去最大の規模」とし「高品質の車両を納品して追加の事業も受注できるよう最善の努力をする」と述べた。
http://japanese.joins.com/


台湾でも自動改札機の普及が進んでいる。それも、日本のオムロン製のもので、デザインはなんと京都市営地下鉄のものと完全に一致する。また、台湾の鉄道でこのごろ「日本化」が相次いでいる。2007年に台湾新幹線が開業して以来、日本の自動改札や鉄道車両、発車メロディーなど、あらゆるものが取り入れられている。次第に日本の鉄道と雰囲気が似てきていると、日本・台湾それぞれの鉄道ファンからの指摘もある。日本の鉄道駅でおなじみの「発車メロディ」は近年、台北や高雄などの地下鉄路線で導入が進んでいる。国鉄の新型の通勤電車内では、JR東日本の音楽がそのまま流れている場合もあるという。

台湾鉄道が「日本化」を遂げたきっかけとして考えられるのが、日本の新幹線システムの初の海外展開である2007年の台湾新幹線の開業だ。東海道・山陽新幹線でおなじみの700系の改良車両が走るほか、技術やサービスなどの面で日本の新幹線の仕組みがそのまま用いられていることが話題を呼んだ。新幹線もJRが動かしている日本と異なり、台湾新幹線は独自会社が営業している。そのため、既存の国鉄と新幹線のサービス競合が発生。前述の「日本型近郊路線化」を行ったほか、JR九州の「かもめ」車両の改良型を導入することで特急路線の強化に着手。どうやらこのあたりが、新幹線・国鉄・地下鉄とあらゆる台湾の鉄道が日本化するの流れにつながっていったようだ。 韓国車両は日本システムに則って運行することになる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月04日 16:36 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
あああ~
 あああ~台湾がやっちゃいましたね、韓国の現代ロテムの電車はウクライナで故障続きでついに運行停止になったくらいに性能が半端に無く不良品です、台湾は一時期現代ロテムを入札禁止にしていたのにどうしたんでしょう?
 1000億円近くの資金を投じるのにまた不良品を掴ませられる可能性がある、韓国企業の事だから不良品が出たら会社を清算して保証もしないでドロンでしょう、韓国の製品は潜水艦、ジェット訓練機、自走砲、戦車などまともな物など無い、5年程したら台湾の鉄道会社は臍を噛む事だろう。
 嗚呼南無三。
 
[ 2018/06/04 19:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp