韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の外貨準備高が過去最高…5月は3990億ドル

韓国の外貨準備高が過去最高…5月は3990億ドル

韓国の外貨準備高が過去最高を更新し、4000億ドルに迫った。 韓国銀行(韓銀)が5日に発表した「2018年5月末の外貨準備高」を見ると、韓国の外貨準備高は先月末基準で3989億8000万ドルと、1カ月前に比べて5億6000万ドル増えた。外貨準備高は3月の3967億5000万ドル、4月の3984億2000万ドルに続いて3カ月連続で過去最高となった。

韓銀は「外貨資産運用収益の増加が主な原因」と説明した。外貨準備高を具体的にみると、有価証券(国債、政府機関債、社債、資産流動化証券など)は38億ドル減少した3663億5000万ドルだった。一方、据置金は229億2000万ドルと、44億5000万ドル増えた。韓銀の関係者は「満期償還された有価証券資金のうち一部が別の投資先を探すために待機資金となり、据置金が増えた」と説明した。

国際通貨基金(IMF)の特別引出権のSDRは33億4000万ドルと、6000万ドル減少した。IMFに対する交換性通貨引き出し権利のIMFポジションは3000万ドル減の15億8000万ドルで、金は47億9000万ドルと変動なかった。 韓国の外貨準備高(以下は4月末基準)は世界9位。中国が3兆1249億ドルで1位、日本が1兆2560億ドルで2位、スイスが8129億ドルで3位だった。
http://japanese.joins.com/


為替介入というのは自由主義市場において、実施してはいけないという暗黙のルールがある。実際は、多くの国が為替介入を行っている。その典型となるのが韓国だが、そのやり方は露骨過ぎて米国から指摘され、さらにIMFからも不当な為替介入を止めろと注意されている。為替介入するにもルールがあり、韓国は著しくルールを破っている。そうやって今まではウォン高やウォン安を誘導してきた。それに伴い外貨準備高が増減する。韓国は自国を有利するように、為替介入を行っている。そして、自分たちは通貨安競争に巻き込まれたと吹聴する。だが露骨に為替介入を行い、市場を操作しようとしているのは韓国である。

大規模な介入というのは直接、ドル/ウォン市場で、ドルを買うか、また、ドルを売ることでウォンの価格を操作する。今は読まれにくい微調整介入を主流にした。この微調整介入、いわゆるスムージングオペレーションというのだが、これは少額な為替介入を繰り返して、市場の変動を低く抑え、自然と上げたり、下げたりする方向を調整していく介入である。ウォン高を阻止しようと為替介入を行い、その結果、外貨準備高が増加したとみるべきだろう。今後も、外貨準備高が増えていく。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月05日 08:51 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp