韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  光州自動車工場、最初の生産は現代車にない「軽自動車SUV」有力

光州自動車工場、最初の生産は現代車にない「軽自動車SUV」有力

光州市(クァンジュシ)が設立を推進中の新規自動車委託生産工場で最初に生産される製品は、現代車ブランドの「軽自動車SUV」となる可能性が高い。 光州市や現代車など事業関係者によると、新規工場では現代車が既に生産中の車種を除いた新しい車種を生産する案を推進している。

該当工場がどんな車種を生産するかは事業の成敗がかかる問題だ。現代車が該当事業に投資する金額を資本金全体の20%未満に制限する可能性が高いだけに、光州市の立場では投資金自体よりも、初期の数年間に安定的に生産できる現代車の物量を確保することを重視する可能性がある。また、どんな車種を投入するかによって現代車労働組合の反応も異なると予想される。

特に現代車のほかの自動車会社も生産車種に注目している。国内市場(155万80台)が17年前(162万2269台、2002年)より縮小している状況で工場が追加で建設され、自社の主力商品と競争する場合、自社の販売が影響を受ける。特に年俸4000万ウォン(約400万円)水準の安い人件費を武器に価格競争力を大きく高めれば、該当製品が属する市場の版図が変わる見込みだ。 ひとまず軽自動車SUVを最初の生産製品とする案が確実視される。該当事業の最初の大規模投資家であり最初の車両委託顧客の現代車の内部事情のためだ。


まず現代車は現在国内の他の工場で生産中の車種を新規自動車委託生産工場に投入するのが事実上不可能だ。現代車労使団体協約第40条は生産の一部を外注処理するには労使共同委員会がこれを審議・議決すると規定している。また、団体協約第41条も事業を拡張・移転したり事業部を分離・譲渡するなど労働組合員の雇用に影響を及ぼす経営上の意思決定は労使公正委員会が審議・議決権を持つと明示している。したがって現代車が労働組合と協議せず従来の生産車種を委託生産に回そうとすれば団体協約違反の余地がある。

現在生産していない車種を回すしかない。軽自動車の中でもSUVが有力視される理由は、市場のトレンドがセダンからSUVで急速に移っているからだ。また「光州型雇用」を通じて低い生産コストを実現する場合、車両価格を従来の軽自動車や小型SUVと競争可能なほどに抑えることができ、収益も生じるとみている。
http://japanese.joins.com/

中央日報は、現代車が実際に軽自動車SUVを委託生産する場合、最も影響を受ける企業は双龍車と韓国GMになる可能性が高いと指摘する。小型SUV「チボリ」は2015年1月の発売後17万台以上も売れた双龍車の主力モデルだ。そのチボリが新しい車両と競合する可能性がある。また今まで韓国GMで36万台以上売れた「スパーク」を生産する韓国GMも影響圏にある。 結局競合自滅となりそうだ。だが、今後の自国経済を考慮すると、来年家計負債の住宅ローン元本返済年となる。これから自国内で車は売れなくなるだろう。このまま行けば家計負債は来年暴発する。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月05日 08:59 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp