韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  安倍首相“発言”で分かった北方領土問題「進展のカギ」

安倍首相“発言”で分かった北方領土問題「進展のカギ」

安倍晋三首相のロシア訪問(5月24~27日)に関するマスコミ各社の報道・記事に接し、不思議に思ったことがある。安倍首相は26日午後(現地時間)、ウラジーミル・プーチン大統領とクレムリン(大統領府)で会談した。21回目の日露首脳会談後の共同記者発表要旨は報じられたが、筆者が強い関心を抱いた「首相発言」に言及したメディアは1社もなかった。 首相発言の伏線は、前日午後のサンクトペテルブルク国際経済フォーラムで示唆されていたのである。安倍首相は、ホストのプーチン氏以下、ゲストのフランスのエマニュエル・マクロン大統領、中国の王岐山副主席らを前にスピーチしたが、興味深い内容は次の件である。

「日本とロシアに永続的な安定が生まれたとき、世界はどうなっているでしょうか。そのとき、北極海からベーリング海、北大西洋、日本海は『平和と繁栄の海の幹線道路』になるでしょう。対立の原因だった島々は物流の拠点として新たな可能性を見いだし、日露協力の象徴へと転化するでしょう。(中略)北極海から日本海、行き交うものを想像してください。(ロシア・シベリアの)ヤマル(半島)始め、北極海ガス田が生むLNGがその1つになることは疑いをいれません(以下略)」

国際協力銀行(JBIC)の前田匡史総裁・CEOは、このスピーチを聞いて驚いたという。安倍首相がここまで踏み込んだ言及をするとは思っていなかったからだ。


日露首脳会談拡大会合で、安倍首相はプーチン氏に対し、ヤマル半島産出の天然ガス開発に、日本企業がプラント建設や融資で貢献していることを改めて指摘したのである。現時点では、FS(事業化の可能性調査)段階だが、同天然ガスを大型砕氷船で北極海航路を通じてカムチャツカ半島まで運び、同地をハブとして建設する液化工場・港湾施設で大型LNGタンカーに積み替えて日本などに輸出するという構想だ。

プーチン戦略は、西(欧州)から東(アジア太平洋)へのパワーシフトである。北方領土問題進展のためのキーワードは、実は「北極海航路」なのだ。
http://www.zakzak.co.jp/

朝日新聞は、21回目となった安倍晋三首相とプーチン大統領による日ロ首脳会談は、北方四島での共同経済活動についても議論したが、成果は乏しかったと報じている。日本は領土問題解決の足がかりとして期待するが、活動の前提となる法整備が日ロ間で整わず、米ロの関係悪化も影を落としていると指摘する。会談で両首脳が一致したのは、7月か8月に共同経済活動に参加する事業者による四島への調査団を派遣することだ。共同記者発表で、安倍首相は「日ロが協力すれば、お互いの利益となる大きな仕事が実現できる。その中でこそ双方が受け入れ可能な解決策を見いだせる」と強調した。 しかし、実務面での進展はほとんどない。

日本は四島を日ロ双方の法律とは異なる法制度が適用される特別な地域とすることで、領土問題解決につなげるシナリオを描く。ロシア側も経済協力の拡大には前向きで、欧州とのような経済の相互依存関係を構築する意向だ。今回の首脳会談に同席したウシャコフ大統領補佐官が「日本が第2次世界大戦の結果を認めることが前提だ」と語るなど、四島にロシアの法律を適用するとの立場を崩しておらず、首脳会談は平行線に終わった。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月05日 09:09 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp