韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  欧州で韓国製化粧品が人気 輸入額で日本を抜き5位に

欧州で韓国製化粧品が人気 輸入額で日本を抜き5位に

韓国の化粧品が優れた品質などを理由に欧州で人気を呼んでいる。

韓国貿易協会ブリュッセル支部が5日までにまとめた報告書によると、欧州地域に輸入される化粧品の製造国のうち、昨年韓国は日本を抜き、上位5カ国に入った。

昨年、欧州に輸出された韓国の化粧品は金額ベースで1億3579万ユーロ(約174億5000万円)となり、2010年の約12倍となった。前年比では46.8%増加した。 

1位は米国(12億1071万ユーロ)で、中国(6億3084万ユーロ)、スイス(5億7410万ユーロ)、カナダ(1億3699万ユーロ)と続いた。 

報告書は欧州で韓国の化粧品が人気を集めている理由として、化学成分の代わりに高麗人参や緑茶、アロエなど植物性の成分を使用していることや、価格に比べ品質が優れ、多様で革新的な製品が多く発売されていることなどを挙げた。
http://news.livedoor.com/


近年韓国の美容ブランドの躍進は目覚ましくそれは世界を占めているかのようにさえ思えるくらいだ、だが実際は日本の美容ブランドと互角の勝負をしているという。 最近のK-beauty(韓国の美容)製品の普及具合を考えるとそれは信じられないかもしれないが、 J-beauty(日本の美容)ブランドはその前から世界中に広まっており、また中国の消費者は一時的に韓国の美容ブランドに夢中になったものの結局は日本の美容ブランドに戻っている。

中国のラグジュアリーニュースを伝えるメディア『Jing Daily』によると、世界で14番目の規模で33社の化粧品会社を抱える韓国の美容コングロマリット『アモーレパシフィック』は2017年の最終四半期に純利益が76%も減少したという。同社によると、この減少は中国市場での大幅な利益の減少が大きく影響しているとのことだ。 その一方で調査会社『L2』からの最近の中国の美容に関する報告によると、2017年の日本のブランドの売上は韓国ブランドよりも速いスピードで増加しているという。中国での強い需要もあって資生堂は17年12月期業績予想を上方修正、その売上高は1兆円を初めて突破した。

記事では、欧州で韓国の化粧品が人気を集めている理由として、化学成分の代わりに高麗人参や緑茶、アロエなど植物性の成分を使用していることや、価格に比べ品質が優れ、多様で革新的な製品が多く発売されているとした。また、中東においても韓国化粧品は人気が高く、輸出を増やしている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月05日 09:17 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp