韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「景気が悪化しつつある」 国内外から警告音聞こえる韓国経済

「景気が悪化しつつある」 国内外から警告音聞こえる韓国経済

韓国経済の将来に相次いで警告音が鳴っている。「今も3%の成長経路を維持している」という政府の公式立場にもかかわらず、「景気が悪くなりつつある」という国内外研究機関の分析が相次いでいる。 世界銀行は6日、「先進国の経済が停滞し、主要原材料輸出国の回復が弱まり、今後2年間、徐々に世界経済成長が鈍化する見通し」という内容の「世界経済展望」を発表した。世界銀行は世界経済成長率見通しを今年3.1%を経て来年3.0%、2020年には2.9%になるとした。 世界経済成長率の鈍化はそのまま韓の国輸出と成長率の鈍化につながる。すでに主要研究機関は韓国の経済成長が悪くなりつつあるという診断を下している。

現代経済研究院は3日、「4-6月期に韓国経済が景気低迷局面に入った」と明らかにした。景気は底点から回復期と好況期を経て頂点に達した後、後退期と沈滞期を経て再び底点に戻るが、すでに後退期を越えて沈滞期に入ったという。国民経済諮問会議の金広斗(キム・グァンドゥ)副委員長が「景気低迷局面の入り口段階にある」と明らかにしたていたが、そこからさらに一歩進んだのだ。 LG経済研究院も「韓国の経済成長の勢いが失速しつつある」とし、今年の成長率見通しを2.8%とした。政府の見通し(3.0%)に及ばない数値だ。


政府のシンクタンクにあたる韓国開発研究院(KDI)は、輸出主力業種の競争力低下などを理由に、当初3.1%としていた今年上半期の成長率見通しを2.9%に下方修正した。年間値でも政府見通しを下回る2.9%に、さらに来年の見通しは2.7%に下方修正した。

景気低迷期に入った可能性を示唆する指標も少なくない。今後の景気の推測材料となる設備投資が3月に前月比7.8%の急落をみせたことに続き、4月も3.3%減となった。 投資が減少すると労働者の所得も減り、さらに消費も減退を示し始めた。3月に前月比2.9%増加した小売販売は、4月には1.0%落ちた。 6~9カ月後の景気の流れを予測する代表的な指標である経済協力開発機構(OECD)の景気先行指数も11カ月連続で下落している。
http://japanese.joins.com/

90年代における韓国の輸出構造の変化としては、地域別構成の変化と輸出品目の高度化がある。80年代後半からアジア向け輸出が大きく伸びたが、90年代後半にアメリカと日本向け輸出の構成比が上昇に転じ、アジア向け輸出の構成比が低下した。この要因には、アメリカの景気拡大と通貨危機後のアジア経済の後退がある。 また、輸出品目面では、ITの占める比率が上昇した。アメリカ向けを中心にしたIT製品の輸出拡大が韓国の景気急回復をもたらしたが、2000年後半からアメリカ経済の急減速を契機に、韓国の輸出も実は鈍化している。

長期的な視点では中国との貿易関係が緊密化している。中国はアメリカ、日本につぐ3番目の貿易相手国となっており、韓国と中国との貿易構造も、かつての垂直分業から水平分業へと変化してきている。韓国から中国への生産シフトが背景にある。ウォン安を背景に利益を得てきた韓国経済は、技術限界点とともに、ウォン高に移行し、成長戦略も進まずに、中国にその座を奪われつつある。日中経済協力が進めば、韓国活用は減少し、ますます悪化するだろう。


関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月07日 08:53 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp