韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国の原子力潜水艦保有計画、韓米同盟に摩擦も

韓国の原子力潜水艦保有計画、韓米同盟に摩擦も

韓国が推進中の原子力潜水艦保有計画が韓米同盟に新たな緊張と挑戦になるという指摘が出てきた。 米シラキュース大のエリック・フレンチ政治学博士の討論発題文「韓国の原子力潜水艦確保のための挑戦と課題」に出てくる内容だ。フレンチ博士は8日、海軍と韓国海洋戦略研究所、韓国海路研究会が共同で開催した第18回艦上討論会でこれを発表する。

フレンチ博士はジェームズ・スタインバーグ元米国務副長官(2009-2011)の政策研究補佐官を務めた経歴がある。昨年9月、米国の外交安保専門誌ナショナルインタレストに「韓国は原子力潜水艦を建造しなければならないのか」と題して寄稿し、今回の討論会に招請されたと、海軍は説明した。 韓国は昨年、北朝鮮の核・ミサイル挑発の高度化に対応する手段として原子力潜水艦の保有を本格的に推進した。特に北朝鮮が開発中の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)に対抗するためには、水中で待機して速度も出せる原子力潜水艦が必要だという分析が提起された。

発題文によると、フレンチ博士は米国の原子力法(AEA)第123条を韓米同盟の外交的な障害物に挙げた。該当条項には米国が核物質・資機材・技術を外国に提供するうえで守るべき条件と手続きが明示されている。 この条項に基づき締結した韓米原子力協定には「韓国のウラン濃縮が20%水準を超えてはならず、軍事的な目的には使用できない」という内容がある。韓国が原子力潜水艦を運用するためには韓米原子力協定を改定する必要があるというのが、フレンチ博士の主張だ。米国の技術的支援が必要であるため、米国の支持と同意を得ることができなかった韓国の原子力潜水艦事業は不可能だということだ。


フレンチ博士は韓米原子力協定を改定する過程で両国間の摩擦が発生する可能性があると予想した。国際社会の非核化を主導する米国が韓国に原子力潜水艦を許容するのは負担になると考えられるからだ。実際、米国は2003年、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の「362事業(原子力潜水艦を独自建造する秘密事業)」の全面廃棄を要求し、貫徹させた。

フレンチ博士は発題文で「今のような韓半島(朝鮮半島)緊張緩和局面で韓米関係の摩擦は悪材料となる可能性がある」と明らかにした。また、原子力潜水艦の建造過程で得た技術で核兵器を開発しないという点を韓国が米国に確信させる必要があると主張した。
http://japanese.joins.com/

韓国の複数メディアによると、韓国海軍が昨年8月に原子力潜水艦の保有が可能かどうか民間の研究機関に依頼した結果としてアメリカなどの原子力潜水艦の購入やレンタルなどを研究したものの、最終的に国内技術でも開発は可能であるという研究結果が示されたと報じている。開発が可能としたのはフランス海軍のシュフラン級原子力潜水艦(全長99m、排水量5300トン)程度のもので、このクラスを取り上げた理由については使用する核燃料が低濃縮ウランを使用しており、この技術は国内で相当研究されているため問題はな無いとしている。また、アメリカとの原子力協定もあるため高濃縮ウランではなく低濃縮ウランが最適だ伝えている。

シュフラン級原子力潜水艦は攻撃型原子力潜水艦で魚雷、潜水艦発射対艦ミサイル、そして魚雷発射管発射式長距離巡航ミサイルを運用可能です。ただ、韓国としては巡航ミサイルではなく潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の搭載を要求してくる可能性も高く、排水量も7000トン程度となるなる可能性もある。ただ現状から考慮すれば、計画倒れになる可能性もあるわけで、一概に信用は出来ない。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月09日 08:43 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp