韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  OLEDまで…中国に追い上げられる韓国

OLEDまで…中国に追い上げられる韓国

中国2位のディスプレー企業CSOTが2021年からテレビ用OLED(有機発光ダイオード)を中国で初めて生産する計画を明らかにした。基板が大きいほど生産難度が高まるディスプレー産業で最も大きい第10.5世代(2940ミリx3370ミリ)パネルを生産する。量産の時期もLGディスプレイの京畿道坡州(パジュ)P10工場とほとんど差がない。中国が生産規模だけでなく技術面でも韓国企業を追い上げてきたという傍証だ。

7日の海外メディアによると、CSOTは最近、投資家を集めた席で、テレビ用OLED生産計画を具体的に明らかにした。生産は2016年11月に着工した深セン工場でする予定だ。ここでは来年から月9万枚の第10.5世代LCD(液晶表示装置)パネルを生産する予定だった。CSOTはこの一部の設備をOLED用に転換し、第10.5世代OLEDパネルを月2万枚生産するという計画だ。

中国ディスプレー業界は2010年代半ばからOLEDに注力してきた。韓国のLGディスプレイがテレビ用OLED、サムスンディスプレイがスマートフォン用OLED市場を事実上独占してきたのを意識してのことだ。中国最大のディスプレー企業BOEの成都工場など量産が本格化しているが、すべてスマートフォン用OLEDの第6世代(1500ミリx1850ミリ)工場だ。中国企業の天馬が量産時期を2回延期するなど、ほとんどの企業は第6世代工場の稼働にもかかわらず順調には進まず、中国のテレビ用大型OLEDパネルの生産は遠い未来のことと考えられてきた。


2013年からテレビ用OLEDパネルを生産してきたLGディスプレイは坡州で第8.5世代(2250ミリx2500ミリ)のパネルを生産している。第10.5世代OLEDパネルの量産は2021年の予定で、CSOTとほぼ同じ時期だ。LCDパネルの生産量は昨年7-9月期からBOEに遅れを取った。CSOTが計画通りに第10.5世代OLEDパネルの量産に入れば、量と質で韓国ディスプレー産業に追いつく。中国政府がLGディスプレイ広州OLED工場を承認する条件としてOLED技術の移転を要求したのも、CSOTなどを支援するためという分析も出ている。
http://japanese.joins.com/

中国のBOEが赤・緑・青(RGB)の3原色のピクセルを実装した55インチの有機EL(OLED)TVパネルの生産に挑戦する。このため、インクジェット印刷のパイロット設備を導入している。まだ研究開発とパイロット生産のためのレベルだが、韓国よりも先にRGB方式の大型OLEDを生産することが可能といている。インクジェットプリンティングプロセス技術も導入も韓国より進んでいることになる。

BOEは、大型OLED TVパネル技術を確保するために、このプラットフォームを構築した。インクジェット印刷技術を研究・開発して、パイロットラインでの試験生産まで行う計画である。BOEは先月に印刷OLED技術プラットフォームプロジェクトのためにインクジェット印刷装置を発注し、米国カティーバを最終落札者に選定した。 特異なのはカティーバが納品する機器の技術方式である。8世代規格(2200㎜×2500㎜)マザーガラスを6枚に分割する方式ではなく、55インチサイズ(1218.2㎜×684.5㎜)1枚生産で、追加で分割が必要な機器を準備している。

マザーガラスサイズが55インチ1枚に過ぎないと、大規模マザーガラスを制御する問題から逃れられる。自然収率も高くなる。55インチ1枚を生産し、分割作業なしですぐ55インチOLED TV用に供給できるようになる。 カティバーはOLED TVパネルにインクジェット印刷工程に導入速度を高めるために、この装置を準備したとみられる。機器のサイズが8世代よりもはるかに小さく、歩留まりも向上させることができ、初期のインクジェットプリンティング技術検証、信頼性、歩留まりの確保を目的で、パネルメーカーにメリットを提供することが可能だ。

またJOLED(ジェイオーレッド)は12月5日、世界初となるRGB印刷方式による21.6型の4K有機ELパネルの出荷を開始した。ソニーの医療用モニターに採用されるほか、複数の製品分野でセットメーカーと商談を進めているという。一方、大画面テレビ向け大型パネルについては自社で製造せず、パートナーに技術供与する方針を明らかにしている。JOLEDは、2015年1月にパナソニックとソニーの有機EL開発部門を統合して設立されたパネルメーカーだ。RGB印刷方式はパナソニックが10年以上にわたり開発していた製造技術で、インクジェットプリンターが紙にインクを吹き付けるように基板(マザーガラス)に有機材料を塗布して発光層を形成する。従来の蒸着方式のようなメタルマスクを必要とせず、基板サイズに制約がないのが特徴。有機ELパネルの高精細化や低コスト化、大型化も期待されている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月09日 09:10 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp