韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  在韓米軍削減、トランプ大統領は未だ固執

在韓米軍削減、トランプ大統領は未だ固執

米国のドナルド・トランプ大統領の「在韓米軍削減」の意思は依然として確固たるもので、12日に行われる初の米朝首脳会談の後、この考えが現実になることもあり得るという懸念が引き続き米国側で持ち上がっている。ワシントンポスト紙(WP)の安全保障専門コラムニスト、ジョシュ・ローギン氏は7日(現地時間)、米国政府の中心的な官僚や大統領の側近らを取材した結果だとして「諮問グループは大規模な削減に反対し続けてきたが、大統領は説得されていない状態。金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長との会談後、この問題を進める大きなチャンスをつかむだろう」と伝えた。

先月初めにニューヨーク・タイムズ紙が「トランプ大統領は国防総省に在韓米軍の削減案を報告せよと指示した」と報じると、トランプ大統領本人とホワイトハウスが「事実無根」と否定した。しかしWPは「公式な議論はなされていないが、官僚らは大統領の胸の内を理解しているだけに、水面下で万般の準備をしている」と伝えた。

トランプ大統領は最近も、軍首脳に対して「米軍のアジア常時駐留についての名分を説明してみろ」と要求し、中国・ロシアの脅威や韓国の寄与について説明しても不満そうにしているという。WPは「米国政府の一部では、今後の韓米間の防衛費分担金再交渉が失敗した場合、『全員撤収』という極端な措置が出てくる可能性まで懸念している」と伝えた。
http://news.livedoor.com/


トランプ米大統領が在韓米軍の規模削減を検討するよう国防総省に指示していることが3日、分かった。米紙ニューヨーク・タイムズが報じた。朝鮮戦争の「平和協定」が締結されれば、約2万8000人が駐留している米軍の扱いが議論になるのは確実だ。6月初旬までに想定される米朝首脳会談で議論が進む可能性がある。「米国第一」を掲げるトランプ氏は米国の負担軽減の一環で、在韓米軍の見直しを大統領選挙中から訴えてきた。同紙によると、2018年末に期限切れを迎える在韓米軍の駐留経費に関する協定を巡り、トランプ氏は兵士の維持費用の負担を現在の約半分から実質的に全額に引き上げるよう韓国側に求めている。

トランプ政権には規模削減を在韓米軍の撤収を求めてきた北朝鮮との非核化交渉の材料にする意図はないという。ただ、トランプ氏が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長との会談で規模削減を持ち出すとの見方も出ている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月09日 15:59 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp