韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代自がモスクワで特別展、W杯開幕控え企業各社のマーケティング本格化

現代自がモスクワで特別展、W杯開幕控え企業各社のマーケティング本格化

サッカー2018ロシア・ワールドカップ(W杯)の開幕(14日)が迫っている中、企業の「W杯マーケティング」も一歩遅れて盛り上がっている。米朝米首脳会談のようなビッグイベントのために、かつてよりファンの関心はやや減少したものの、企業各社はさまざまな方法で火種をつけている。

現代(ヒョンデ)自動車は、国際サッカー連盟(FIFA)と一緒に9日から来月20日までの42日間、ロシアの現代モータースタジオモスクワで特別展示会を開く。現代自はロシアを訪問する世界のサッカーファンに、第1回のウルグアイW杯(1930年)から今年のロシアW杯まで、W杯トロフィーなど、時代別に珍しいサッカー遺産を紹介する予定だ。8日(現地時間)に開かれた開幕行事には、李元熙(イ・ウォンヒ)現代自社長とファトマ・サムラFIFA事務総長、マルコ・パチョネFIFAワールドサッカー博物館総括ディレクターなどが出席した。サッカーの元ブラジル代表選手で、今はFIFA広報大使を務めるロベルト・カルロス氏も席を共にした。

国内でも団体応援イベントなどを後援する。韓国のW杯初戦相手のスウェーデンとの試合(18日)の時に、市民がペットを連れて一緒に団体で応援できる「愛犬ファンパーク」を忠清南道牙山(チュンチョンナムド・アサン)にある愛犬キャンプ場と光州北区(クァンジュ・ブクク)の「わんぱく愛犬カフェ」で運営する予定だ。障害者に配慮して、24日0時に行われるメキシコ戦の応援イベントの時は「手話解説ファンパーク」を京畿高揚(キョンギ・コヤン)にある現代モータースタジオで開く。現場には大型スクリーンで試合が生中継され、手話通訳士がスクリーンの両脇で試合を解説する。


現代自は、一人で試合を応援する女性や団体約束のないファンのために、「パジャマファンパーク」という一風変わった応援も企画した。ソウル市江南区(カンナムグ)のグラッドライブ江南ホテル、釜山海雲台区(プサン・ヘウンデク)のザ・ベイ101の屋上で、スウェーデン戦の開催日に応援を行う。市民たちは、現代自が用意したホテルでパジャマを着て、チキンとビールを飲みながら韓国選手たちを応援する。ソウルのイベントでは、指定された宿泊施設で1泊もできる。 三星(サムスン)電子は13日から来月15日まで、「QLEDテレビ」など、2018年型三星スマートテレビを使用する消費者を対象に、人工知能(AI)を利用してサッカーチャンネル(ワールドサッカー)を推薦するキュレーションサービスを提供する。

このサービスは、AIを基盤にユーザーの視聴履歴を分析して、お好みに合ったテレビ番組を自動推薦する「ユニバーサルガイド」の中にサッカータブを追加して一時的に運営される。地上波だけでなく、テレビに繋がったセットトップボックス・衛星放送・ケーブルなど、すべてのチャンネルのサッカー放送情報をリアルタイムで分析し、自国サッカー代表チームの試合が放映されているチャンネルだけを集めて一目で示す。このサービスは、大韓民国を含めて、英国、ドイツ、フランス、スペインの5カ国で支援される。米国とイタリアも7月からサービスを開始する。
http://japanese.donga.com/

韓国の現代自動車グループのロシアでのシェアは、2018年1~3月期に23.2%となり過去最高を記録した。ロシア政府は自動車産業への支援を拡大していることもあり、今年はさらなるシェア拡大が期待される。欧州ビジネス協会(AEB)によると、1~3月期の現代自および系列の起亜自動車のロシアでの販売台数は計9万1,301台で前年同期比34.6%増えた。シェアは昨年同期から2.2ポイント上昇し、ルノー・日産アライアンス(34.9%)に次ぐ2位となった。好調なのは起亜自のサブコンパクトカー「リオ(韓国名・プライド)」で、2万5,370台を売り上げ販売トップとなった。現代自の小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「クレタ」は4位、現代自の小型セダン「ソラリス(韓国名・アクセント)」は5位、起亜自のSUV「スポーティージ」は11位となった。

ロシアの自動車市場は、2014年以降の欧州や米国による経済制裁や国際原油価格の下落で萎縮。多数の車メーカーがロシアから撤退した一方、現代・起亜自は現地での生産を続け、新車投入を拡大したことがシェア拡大につながった。昨年現代自は起亜自と合わせて、34万台近くを販売している。トヨタと日産で16万台レベルであるから、唯一韓国企業が上位に定着している。ただ年間160万台レベルの国であるから難しい問題もある。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月11日 09:09 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp