韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国産バッテリーEV、テスラと日本産に押されて北米で苦戦

韓国産バッテリーEV、テスラと日本産に押されて北米で苦戦

北米電気車(EV)市場で韓国産バッテリーを搭載した電気車が苦戦を強いられていることが明らかになった。

11日、北米電気車専門メディア「Inside EVs(インサイド・イーブイス)」が集計した5月の北米電気車(BEV・PHEV)販売量によると、テスラ「モデル3」が6250台で今年に入って5カ月連続で1位を占めた。次いでトヨタ「プリウス・プライム」は2924台で2位、テスラ「モデルS」と「モデルX」はそれぞれ1520台、1450台で3、4位を占めた。

反面、韓国産バッテリーを使っているGMシボレー「Volt」と「Bolt」は5位と6位をそれぞれ占めて、4月よりワンランク落ちた。業界は、韓国産バッテリーを搭載している有力電気車モデルが多くないため、テスラと日本の電気車販売がこのまま維持される場合、韓国産バッテリーも位置づけが狭くなっていくという見通しだ。

ある業界関係者は韓国メディア「電子新聞」とのインタビューで「全般的に現代車を中心にした北米電気車の対応強化が必要な状況」としながら「国産バッテリー企業も電気車完成車メーカーとの戦略的対応が重要だ」と述べた。


現代車と起亜車は韓国産バッテリーを搭載しているスポーツ用多目的車(SUV)型電気車「コナ・エレクトリック」(Kona Electric)」と「ニロEV(Niro EV)」を年内に北米市場で発売する予定だ。
http://japanese.joins.com/

ホンダと米ゼネラル・モーターズ(GM)は7日、電気自動車(EV)用の電池システムを共同で開発することで合意したと発表した。GMが開発中のEV向けリチウムイオン電池のシステムをベースに、ホンダも開発に加わって従来より小型で充電時間が短い次世代電池の開発をめざすという。 両社ともに北米市場に今後投入するEVへの搭載を想定しているが、時期や車種は未定との事。開発した電池システムはGMが生産する計画だ。両社の知見を持ち寄って開発スピードを高め、電池システムの共有による生産効率の向上やコスト削減を狙うという。

両社は、水素で走る燃料電池車(FCV)用の電池について提携関係にあり、2020年をめどに合弁工場で量産を始めると昨年1月に発表している。米カリフォルニア州が昨秋、自動車の電動化を促す環境規制を強めており、ホンダは米国の都市部を中心にEVの需要が高まるとみて、EV用電池でもGMとの連携を強める。 一方、パナソニックと手を握って米国ネバダ州に建設中のギガファクトリー(リチウム-イオン電池工場)が来年完工すれば、2020年にはモデル3を年産100万台にするとしている。GMはボルト(Bolt)を発売し、2025年50万台販売を目標にする。グローバル完成車メーカーは2020年以後には電気自動車の量産体制を整え収益性を内燃機関車以上に増やす目標に注力している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月12日 09:17 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
LGは頼りにならない
「苦戦」といいながら、「苦戦」の中味を言わない記事だから歯切れが悪い。
GMシボレーがLGと共同開発したボルトはリコール連発で販売不振。
半端なつくりで市場に出して、ユーザーに実地試験させているという実態。
生産調整したというから、生産能力の問題ではない。

LG製の電池が原因になった不具合もあった。
一番は、価格性能比でプリウスに負ける、ということらしい。
要するに、モノが悪いから売れないという単純な話のようだ。

GMとホンダが提携というのは、LGは頼りにならないからGMが
ホンダに乗り換えたということ。
[ 2018/06/12 15:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp