韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  iOS11.4にアップデート後、バッテリーの減りが激化?Wi-Fiの問題か

iOS11.4にアップデート後、バッテリーの減りが激化?Wi-Fiの問題か

5月末に公開されたiOS11.4をインストールした後、バッテリーの消耗が激しくなった、と一部のユーザーがAppleのサポート掲示板で報告しています。Wi-Fi関係のバグの可能性が指摘されています。iOS11.4は、AirPlay2やメッセージのiCloud保管に対応したほか、各種バグを修正し、5月末に公開されました。しかし、Appleのサポート掲示板には、以下のような書き込みがみられます。

私のiPhone6は、iOS11.4にアップデートするまで、何の問題もなく動いていました。しかし、iOS11.4にアップデートしてから、これまでにない早さでバッテリーが消耗しています。使いものになりません。以前、バッテリーは1日持っていたのに、今では半日しか持たないのです。 私はiPhone6sで使う機能にかなり気を配っていて、マップアプリを使わなければ、通常、バッテリーは24時間以上持っていました。しかし、iOS11.4にアップデートしてから、11時間後のバッテリー残量は2%になっていたのです。アップデートする前の半分以下の持ちです。

同様の報告は、iPhone7、iPhone7 Plus、そして最新モデルのiPhone8、iPhone8 Plus、iPhone Xのユーザーからも書き込まれています。掲示板には、Wi-Fi関連の不具合が原因ではないか、と指摘してWi-Fiをオフにしたり、5GHzのネットワークから2.4GHzのネットワークに切り替えることで問題が解決するようだ、とも書き込まれていますが、一部のユーザーは効果がなかった、とも書き込んでいます。


掲示板には、700名以上のユーザーが同様の問題を報告していますが、本稿執筆時点においてAppleからはコメントがありません。
現在開発者向けのベータ2が公開されているiOS11.4.1のアップデートで、このバグが修正されることに期待したいところです。
http://news.livedoor.com/

iOS11.4がリリースされてから1週間ほど経過したが、iOS11.4アップデートを適用したことで「バッテリーの減りが早い」「バッテリーが急激に減少する」「バッテリーが長持ちしない」など、バッテリーの駆動時間の悪化を訴える声が多く挙がっている。iOSアップデート後にバッテリーの悪化を訴える声が挙がること自体は珍しくないが、今回はiPhone 6sを含む旧機種を使用しているユーザーの「バッテリーのパフォーマンスが悪化した」といった声がいつも以上に多く目立つ。

Appleサポートコミュニティでは、iOS11.4のバッテリードレインの原因は「5GHz帯のWi-Fi」ではないかと指摘されている。実際に5GHz帯のWi-Fiの使用を中止し2.4GHzのWi-Fiに切り替えたユーザーからは、バッテリーパフォーマンスが改善したとの声が挙がっている。またAppleサポートコミュニティに寄せられたバッテリー消耗量の検証では、5GHz帯のWi-Fi使用時に多くバッテリーを消耗している結果になっている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月12日 09:44 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp