韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  金正恩氏「重大な変化ある」、トランプ氏「誰も予測できない水準」

金正恩氏「重大な変化ある」、トランプ氏「誰も予測できない水準」

トランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が米朝首脳会談の合意文に署名した。

トランプ大統領は12日午後1時49分(現地時間)、シンガポール・セントーサ島のカペラホテルで米朝首脳会談合意文に署名する際、「この文書は非常に包括的な内容を盛り込んでいる」とし「北朝鮮と非常に素晴らしい対話をし、良い関係を構築した」と述べた。金委員長は「重大な変化を見ることになるだろう」とし「きょうは歴史的な会談」と語った。

合意文で「完全な非核化」をめぐる合意がどれほどの水準かは明らかでないが、その後の記者会談で詳しい内容が伝えられるという。当初、非核化をめぐる表現について北朝鮮は「完全な」、米国は「完全で検証可能かつ不可逆的(CVI)を要求していた。

両首脳はこの日午前10時8分ごろに会い、歴史的な最初の会談をした。すべての発言でトランプ大統領は「共に協力し、必ず成功するだろう。過去に解決できなかったいくつかの難題を解く」と述べ、金委員長は「この席で向かい合って座ったのは平和の前奏曲。巨大な事業が始まるだろう」と答えた。トランプ大統領は金委員長のこの言葉に同意を表示したりもした。

その後、両首脳は単独首脳会談をした後、拡大首脳会談、昼食会を行った。トランプ大統領と金委員長がホテル内を散策する姿を放送局のカメラがとらえたりもした。両首脳は通訳なしにホテル内の散策コースを共に歩く姿を演出したりもした。

トランプ大統領は記者らに「素晴らしい会談だった。もうすぐ署名する」と述べた。両首脳はしばらく離れた後、ホテル内の合意文署名場所に登場した。
http://japanese.joins.com/

スポンサードリンク
2018-06-12-k001.jpg

朝鮮の金正恩国務委員長(朝鮮労働党委員長)とトランプ米大統領が12日、シンガポールのカペラホテルで署名した共同合意文書に、米国が北朝鮮の体制保証を確約する内容が盛り込まれたと、AFP通信が報じた。同通信によると、金委員長が朝鮮半島の完全な非核化を確約する内容と、両国が「新たな朝米関係を築く」との内容も含まれた。

トランプ大統領は署名式で「とてもうれしい」として、「この文書は非常に包括的だ。非常に良い関係を築けるだろう」と発言。「双方が満足できる結果」と強調した。金委員長は「われわれは歴史的な会談で新しい出発を知らせる歴史的な書名をすることになった」として、「世界は重大な変化を見ることになるだろう」と述べた。双方は朝鮮半島や北東アジアの安全保障の大きな障害となってきた北朝鮮の核問題の解決に向けた交渉プロセスを約10年ぶりに再開し、朝鮮戦争後、約68年間続いてきた敵対関係を清算するための重要な一歩を踏み出した。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月12日 16:24 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp