韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  自国の拉致被害者を見捨てない日本、見捨てた韓国

自国の拉致被害者を見捨てない日本、見捨てた韓国

日本が米朝対話の過程で、前提条件として非核化と共に根気強く強調してきた問題が北朝鮮による「日本人拉致問題」だ。日本が拉致問題解決を主張するたびに、韓国メディアは否定的な反応を示す。非核化の対話から疎外された日本が、悪あがきして韓国と米国の足を引っ張っているというわけだ。

日本政府が主張する日本人拉致被害者は17人。北朝鮮はこのうち13人について拉致の事実を認めた。生存者5人を日本に帰国させ、謝罪もした。しかし日本政府は北朝鮮を信じていない。残る12人についてだ。北朝鮮が「死亡した」と主張する8人と北朝鮮が拉致を認めていない4人の帰国を、日本は北朝鮮核問題解決の前提条件としている。北朝鮮の核は東京を攻撃する恐れもある。東京が攻撃されれば数百万人の命が奪われる。日本国民の北朝鮮の核に対する恐怖は、韓国に勝るとも劣らない。それでも日本は12人のことを諦めていない。

韓国を基準に考えると、日本の対応は過剰なように思える。6.25戦争(朝鮮戦争)当時、北朝鮮に拉致された韓国人は、名簿で確認されただけでも9万6013人に上る。ソウルに住んでいた男性の3%が北朝鮮に連れていかれた。その中には法曹関係者、技術者、公務員らが多数含まれていた。北朝鮮から帰国していない韓国軍捕虜も、少なくとも2万人はいると推定される。休戦後に北朝鮮に拉致されたまま戻っていない韓国国民も500人以上いる。世界史に残る民間人拉致犯罪だ。それにもかかわらず、韓国は拉致被害者の生存確認や生存者の送還を北朝鮮に求めていない。日本の度量が狭いのか、韓国が非情なのか。


尹順之の使節団が日本から連れ帰った朝鮮人拉致被害者はわずか8人だった。白髪頭の朝鮮人14人が故郷に思いを馳せながら帰国の途に就いたが、6人が途中で命を落とした。その後、10年以上にわたり、拉致された朝鮮人の送還について日本と交渉を続けた。故郷に戻った人々が困難や飢えに苦しんだことはその次の問題だ。朝鮮は壬辰倭乱に続き、2度にわたり清に攻撃され、国は滅茶苦茶になった。それでも道理を忘れることはなかった。「国の道理」に関していえば、今の韓国は「ヘル朝鮮(地獄のような韓国=韓国の現状を地獄に例えた若者言葉)」にも及ばない。
http://www.chosunonline.com/

韓国を始め、帰国した日本人拉致被害者などの証言から、タイ、ルーマニア、レバノンの国民で北朝鮮に拉致された可能性がある方々も存在していることが明らかになったほか、北朝鮮から帰還した韓国人拉致被害者の証言では中国人などの拉致被害者が存在するとされるなど、北朝鮮による拉致問題は国際社会全体の人権問題となっている。 韓国では、拉致被害者のことを「拉北者」と呼んでいますが、韓国政府の発表によれば、平成26年12月現在、朝鮮戦争時の拉北者は約10万人に上ると推定され、また、それ以降の平時における拉北者も3,835人となっており、そのうち約516人が未帰還であるとしている。

タイでは、アノーチャ・パンジョイさんが北朝鮮によって1978年(昭和53年)に拉致されたとの情報がある。ルーマニアでは、ドイナ・ブンベアさんが北朝鮮によって1978年(昭和53年)にイタリアのローマから拉致されたとの情報がある。このような方の家族と日本の拉致被害者家族は、相互に両国を訪問し合うなど、連携を確認し合っており、拉致被害者救出運動の進展に貢献している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月13日 09:16 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp