韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  未分類 >  夏にも日朝会談か!? ささやかれる「密約」の存在

夏にも日朝会談か!? ささやかれる「密約」の存在

ドナルド・トランプ米大統領と、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が12日、史上初の米朝首脳会談を行い、共同声明に署名したことに、世界の評価が分かれている。声明では、米国が北朝鮮体制の「安全の保証」を提供し、正恩氏が「朝鮮半島の完全非核化」を約束しているが、具体的な核廃棄スケジュールは盛り込まれなかったのだ。北朝鮮はこれまで「裏切りの歴史」を続けてきた。トランプ氏も罠にはまったのか。ささやかれる「米朝密約」の存在。日本人拉致問題を解決するため、今夏にも日朝首脳会談が開かれるとの見方もある。

「(正恩氏は)朝鮮半島の完全な非核化に合意してくれた。できるだけすみやかにこの合意を実施しようと決めた。彼もそれを望んでいる。北朝鮮は、すでに大きなミサイルエンジンの工場を解体しようとしている。(共同声明の)文書には書いていないが、合意した」

トランプ氏は12日午後、米朝首脳会談後の記者会見でこう述べ、会談の成果を誇った。会見では、米韓合同軍事演習を将来的に中止する意向も表明し、正恩氏を「適切な時期にホワイトハウスに招きたい」とも語った。トランプ氏は会談で拉致問題を提起し、対北制裁を維持することも明言したが、共同声明に「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」の表現がないなど、北朝鮮を利する内容になった印象は否めない。


だが、共同声明に出ない部分で、米朝の密約があったという見方もある。 国際政治学者の藤井厳喜氏は「水面下交渉の結果、米朝首脳会談にこぎつけることができた。ポンペオ氏を中心として『どう非核化するか』『いつ検証を始めるか』など、米朝の秘密合意や実務者間の話し合いは進んでいると思う。具体的に公表すると正恩氏のメンツをつぶすため、共同声明はあのような表現になった。非核化のプロセスは、すでに具体的に始まっている可能性がある。だから、トランプ氏は『as soon as possible(できるだけ早く)』と語ったのではないか」と解説している。http://www.zakzak.co.jp/

現時点で見ると両方がそれなりの『実』をとった。会談までの経緯をみれば、北側が最重要の核政策を変えるといって会談を求めてきたわけで、これは米側の勝利といえるだろう。今後は北が『すぐやる』とした非核化をどう行動で示すかが最大の鍵だ。それが進まなければ追加制裁も可能で、軍事攻撃以外にもまだまだできることはあり、北は弱い立場だ。トランプについて『中間選挙のため』との解釈が多い。産経ニュースでは、トランプほど公約を実現している大統領はそうはいないと掲載している。互いのパフォーマンスとはいえ、両国に有益であったことは事実。

そしてボールを投げられた日本が、次に実施するチャンスとし、何を実施するのかは非常に重要となる。経済支援とて莫大な費用となる。安倍首相とトランプの関係が、本当に強固であれば、そこには密約があるだろう。ただ現状をみると、単なるトランプに利用される日本にしか見えない。そのトランプは米国最低の大統領と称されている。今の安倍首相では、米国利用どころではないようだ…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月14日 09:03 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp