韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  米軍のせいで半年に527回も避難した日本の小学校

米軍のせいで半年に527回も避難した日本の小学校

2018年6月13日、環球網は、沖縄県宜野湾市にある小学校では、在日米軍機の影響でわずか4カ月の間に527回の避難を実施したと報じた。

記事は「同市にある普天間第二小学校は、昨年12月に飛行中の在日米軍機から落下した窓が運動場に落ちたことで注目を集めた。半年が経過した現在、状況は悪化こそすれ改善はしていないようだ」とした。

そして、沖縄メディアの報道として「事故後、同校では米軍機が近づくたびに、校内放送で運動場にいる児童に指定場所への避難を求めている。今年2月13日から6月8日までの間に児童が避難した回数は527回に上り、1日に20回以上避難したことさえあった。学校は9月までに保護者の要求に基づき4カ所の避難施設を設ける予定だが、米軍機の飛行状況が変わらなければ、その都度子どもたちを避難させる状況は続く」と伝えている。

記事はまた、この状況に対して日本のネットユーザーから「子どもたちがあまりにもかわいそう」との声が出る一方で、「やり過ぎだ」「避難させられる子どもたちが最大の被害者。学校は学習時間の確保を優先すべき」など、米軍機が通るたびに避難させることに対する疑問も寄せられているとした。


また、「同校は米軍基地ができて以降に設立された。建設時に危険性を考慮しなかった県の責任」「責任は子どもたちを使って政治を弄ぶ大人にある」との指摘もあることを伝えた。
https://www.recordchina.co.jp/

米軍普天間飛行場所属の大型輸送ヘリCH53Eから重さ約7・7キロの窓が普天間第二小学校の校庭に落下した事故から、13日で半年がたった。事故後、米軍は飛行ルートを「最大限可能な限り市内の学校上空は避ける」としたが、学校の上空をかすめるように飛ぶ状況は変わっていない。平穏な学習環境とは程遠い状況だ。校庭の使用を再開した今年2月以降は、米軍機が学校上空に接近するたび、沖縄防衛局の監視員の指示で児童が校舎へ避難しているのが実態だ。その回数は6月8日時点で527回となっている。

春休み中に93回、今月8日までの1学期中に218回。学校や市教委はこれまで休日分は集計していなかった。しかし、12日までに春休みも含めた休日も合わせて再集計を実施した。4月以降は、休日の避難指示は出していないという。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月15日 08:33 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp