韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  安倍晋三首相「次は私の番だ」「私はだまされない」 拉致被害者家族に決意

安倍晋三首相「次は私の番だ」「私はだまされない」 拉致被害者家族に決意

安倍晋三首相は14日、北朝鮮による拉致被害者家族会と首相官邸で約50分間面会し、日朝首脳会談について「首脳会談をこちらがやりたいといえば、足元を見られる」と述べ、会談時期などを慎重に見極める考えを示した。同席した複数の関係者が明らかにした。 首相は面会で、日朝首脳会談の時期や場所などについては「機微に触れる」として一切明かさなかったが、「私は北朝鮮にだまされない。1994年から拉致問題に取り組んできたが、何度もだまされてきた。北朝鮮のだましの手口は分かっている」と強調した。拉致問題に加えて核・ミサイル問題の包括的な解決が、経済支援の前提条件になるとの認識を重ねて示したという。

また、12日にシンガポールで行われたトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の米朝首脳会談について「トランプ氏は、私が拉致問題に関して伝えたことを率直に金氏に言ってくれた。次は私の番だ」と説明した。「日本が北朝鮮と直接向き合い、拉致問題を解決していく決意だ」とも語った。出席者の一人が「(交渉を)慌てないでください」と発言すると、首相は「拙速にはやらない。北朝鮮が被害者をすべて帰すといったら(北朝鮮に)行く」と述べたという。 米朝の接近により北朝鮮に対する経済制裁などの圧力が緩むとの懸念については「圧力を緩めてはダメだ。中国、韓国も制裁を緩めてはならない」と繰り返した。

スポンサードリンク
一方、トランプ氏が12日夜の電話会談で安倍首相に「金氏はオープンだ。今後は非核化と同時に拉致問題の交渉も進めていかねばならない。ビッグプレーヤーとしてかかわってほしい」と述べたことが分かった。「百パーセント、シンゾーを信頼しているから、一緒にやっていこう」とも述べたという。政府高官が明らかにした。
http://www.sankei.com/

米朝首脳会談でトランプ米大統領が拉致問題に言及したことを受け、日本政府は安倍晋三首相と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談実現に向けて動き出した。9月にロシアで開かれる国際会議の際に開催する可能性が報じられている。河野太郎外相は14日、「拉致問題を含めた問題解決につながる形で首脳会談が実現されればいい」と述べた上で、「これからさまざまな調整が行われることになる」との考えを示した。ソウルでの日米韓外相会談後の共同記者会見で語った。

日朝首脳会談は2002年と04年に当時の小泉純一郎首相が訪朝し、正恩氏の父、金正日総書記との間で行われた。02年にまとめた平壌宣言では、両首脳が「不幸な過去を清算し、懸案事項を解決」するとの共通認識を確認したとし、日本は国交正常化後に経済協力を行うことを明記している。河野氏は会見で、同宣言に基づき、核、ミサイル、拉致の問題を包括的に解決し、国交正常化を目指す日本政府の立場は不変と強調した。

日朝首脳会談の機会として浮上しているのは9月11日から13日にかけてロシア極東のウラジオストクで開催される「東方経済フォーラム」。共同通信は14日、政府は同フォーラムに金委員長が出席する場合、安倍首相との首脳会談実現を目指し、調整に入る方針を固めたという。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月15日 09:10 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp