韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本がアジアで先進国になれた理由

日本がアジアで先進国になれた理由

中国メディア・東方網は14日、「日本は大国になったのに、どうしてマレーシアやフィリピン、インドネシアはいまだ途上国の段階にとどまっているのか」とする記事を掲載した。記事は、「マレーシア、インドネシア、フィリピンなどのASEAN諸国は、日本より優れた自然環境を持っているように見える。樹木には果実がたわわに実り、海や川には魚がたくさん泳ぎ、さらには、工業生産に利用できる資源も日本より多い。それなのに、どうして日本は先進国に成長し、これらの国はなおも発展途上なのか」と疑問を提起した。

その答えとしてまず、制度的な問題を挙げた。「黒船の衝撃を受けた日本は明治に入ると近代政治体制の雛型を急ピッチで作り上げた。あらゆる制度を西洋諸国から学んだのだ。一方で東南アジア諸国は欧米列強の植民地に甘んじていた。列強は植民地のエリート階層を使って現地人を管理し、厳しい制度により人びとの政治に対する感覚を麻痺させていった。かたや主権国、かたや植民地という差は非常に大きかった。日本は戦争によって焦土と化すが、すでに近代国家の概念を持ち、教育と工業に力を入れていたため、復興も発展も非常に早かった」と論じている。

また、気候面でも東南アジア地域は日本よりも不利な状況にあると指摘。「東南アジアの自然条件は総じて日本よりもいいのだが、何しろ暑すぎる。特に雨季後のサウナのような気候では生産効率は上がらない。それに、もう1つ大きな要素がある。それは東南アジア地域を毎年十数回は襲うハリケーンだ。こういった極端な気象状況は工業や農業の生産活動、さらには社会に巨大な災難をもたらすのである」と解説した。
http://news.searchina.net/

スポンサードリンク
日本は海に囲まれた島国であったことが、アジアで最も日本が発展できた要因の一つと言える。 自然災害が多いことも日本人を強くする要因になったのも事実。一方、、大陸は、人口が多くて、文化が発展しやすい環境にあったが、異民族に攻められて、人材、文化が破壊されて、失しなったために、王朝が代わる度に文化が切断されて、継続的な発展ができなかったと言う理由がある。

特に大陸を統一した巨大な秦帝国が作られるようになったことにより、国内の統治のために愚民政策が行われ、国家間の競争が消滅して、停滞し始める。密告制度も反乱を抑えるため、古代に作られていたことを考えると、巨大な帝国を治めるために儒教で人々の欲望を抑え、発展を抑え、遇民にして、家畜のようにするしか、巨大帝国を統治することができなかったわけで、巨大帝国を一人の皇帝が統治することがいかに困難かがよくわかる。

日本は、海外から攻められたのは、蒙古帝国の元とその属国高麗王国の連合軍の船団に攻められた元寇が有名だが、途中にあった対馬と壱岐は惨殺されたり、侵略に備えて、元寇防塁を築いたり、上陸を阻止して、台風などで南宋の船団が破壊されたり、日本船での攻撃など、日本軍の活躍で撃退できた。さらに江戸時代に人口が100万人以上の世界一の水の都、江戸があったことも文化、技術が発達した一因でもある。江戸が徳川幕府によって、日本の中心になり、人口6万人ほどが、江戸城が作られて、螺旋状に堀兼水路が全国の大名によって、伊豆半島の石切り場から石垣の石が船で運ばれて、水路が作られ、海辺が埋め立てられ、木製の水道管によって、上水道が張り巡らされて、世界一の100万都市になった。

日本の文化が発展できた要因が島国で他民族に殺戮されたり、文化を破壊されなかったこと、また自然災害が集中して、多発するために、住民の協力、団結力が必要とされ、有能な人が灌漑事業など防災の仕事をし、住民の生命財産を守る有能な人が尊敬され、大事にされて来たことなどが理由に掲げられる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月15日 09:39 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp