韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  安倍晋三首相「金正恩委員長は決断を」 河野洋平氏の発言には「大変残念」 

安倍晋三首相「金正恩委員長は決断を」 河野洋平氏の発言には「大変残念」 

安倍晋三首相は16日午前、読売テレビ番組「ウェークアップ!ぷらす」で、北朝鮮による日本人拉致問題の解決に向け、「金正恩(朝鮮労働党)委員長が大きな決断をすることが求められる」と述べた。 そのうえで「相互不信という殻を破って一歩踏み出し、解決したい。信頼関係を醸成していきたい」と語り、北朝鮮との交渉に意欲を見せた。

首相は拉致問題は「(北朝鮮が)すべての拉致被害者を帰国させたときに初めて解決する」と強調。金氏との首脳会談に関し「やみくもに行うのではなく、拉致問題の解決に資する会談にしないといけない」と述べた。 首相は北朝鮮が完全な非核化を約束した米朝首脳会談を「非核化に向けて土台を作ることはできた」と評価し、金氏を「大きな決断ができる人物だ」とした。非核化への資金協力に関しては、費用を拠出する国際的枠組みを設ける可能性にも触れ「例えば、北朝鮮の核廃棄へ機構を作って進めることになる」と説明した。

また、河野洋平元衆院議長が拉致問題より国交正常化や戦後賠償を優先すべきととれる発言をしていることに対しては「北朝鮮に大変なサービスをされている。そういう発言は交渉力をそぐ。私たちの大先輩で、大変残念だ」と述べた。 一方、9月の自民党総裁選への出馬を判断する時期について「東京近辺でセミの声がうるさいと感じられる状況になった頃」と説明した。「まだまだやるべきことがたくさんある」とも述べ、連続3選に意欲をにじませた。
http://news.livedoor.com/

スポンサードリンク
2014-02-23-kouno.jpg

安倍首相は、日朝首脳会談に向け、「最終的には私自身が、金正恩委員長と向き合い、拉致問題に資する会談としなければならない。相互不信という殻を破って踏み出したい」と述べ、改めて意欲を見せた。その一方で、河野洋平元衆院議長が、拉致問題より国交正常化を優先すべきだとの考えを示していることについては「北朝鮮自身も要求しておらず、大変なサービスをされている。そういう発言は、(日本側の)交渉力をそぐ。私たちの大先輩であるから、大変残念だ」と強い不快感を示したというが、私たちの大先輩等聞いてあきれる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月17日 09:14 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp