韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  北朝鮮の対日請求権2兆円? 韓国で試算独り歩き…「一国で支援負担イヤ」

北朝鮮の対日請求権2兆円? 韓国で試算独り歩き…「一国で支援負担イヤ」

韓国の大手証券会社が、北朝鮮が日本に請求できる補償額を200億ドル(約2兆2130億円)と試算するなど、日朝交渉が実現すれば、日本が北朝鮮に巨額の“戦後賠償”を行うとの見方が韓国で独り歩きしている。北朝鮮の非核化後を見据えた莫大な経済支援を韓国一国が背負いたくない本音の反映ともみられる。

韓国紙、中央日報(電子版)によると、サムスン証券リサーチセンターの北朝鮮投資戦略チームは17日までにまとめた報告書で、北朝鮮が今後の日朝国交正常化交渉で対日請求権を行使し、200億ドルを受け取れば「経済再建の元手として活用できる」と分析した。 請求額は「北朝鮮が300億~400億ドルを要求したとの説」や2002年の日朝首脳会談で「100億ドル水準で日本が提案したとの報道」を基に現在の価値に換算し、200億ドル水準と算出。「初期に受け取れる資金の割合を増やす戦略が有利だ」「日本の影響力が過度に高まる懸念もある」などと北朝鮮の立場に立った助言も行っている。

この報告書に限らず、韓国では日本の賠償額が100億~300億ドル水準に上るとの観測がまかり通っている。特にトランプ米大統領が対北経済支援について、米国ではなく、「韓国や中国、日本が助ける」と主張したことで、日本からの出資に注目が集まった。


日韓の間では1965年の協定で日本の朝鮮半島統治に伴う請求権を互いに放棄し、日本が計5億ドルの経済支援を行うことを取り決めた。2002年の日朝平壌宣言でも経済協力と請求権の放棄に関する協議がうたわれている。韓国で北朝鮮の請求権を代弁する論調が広がることは、最近、日本からの「賠償」を盛んに主張する北朝鮮の戦術を利することにしかならない。
https://www.sankei.com/

日朝平壌宣言では次のように記載されている。(抜粋)
日本側は、過去の植民地支配によって、朝鮮の人々に多大の損害と苦痛を与えたという歴史の事実を謙虚に受け止め、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明した。 双方は、日本側が朝鮮民主主義人民共和国側に対して、国交正常化の後、双方が適切と考える期間にわたり、無償資金協力、低金利の長期借款供与及び国際機関を通じた人道主義的支援等の経済協力を実施し、また、民間経済活動を支援する見地から国際協力銀行等による融資、信用供与等が実施されることが、この宣言の精神に合致するとの基本認識の下、国交正常化交渉において、経済協力の具体的な規模と内容を誠実に協議することとした。

双方は、国交正常化を実現するにあたっては、1945年8月15日以前に生じた事由に基づく両国及びその国民のすべての財産及び請求権を相互に放棄するとの基本原則に従い、国交正常化交渉においてこれを具体的に協議することとした。 双方は、在日朝鮮人の地位に関する問題及び文化財の問題については、国交正常化交渉において誠実に協議することとした。 等々…。
詳細はこちら

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月18日 08:27 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp