韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  河野外相、韓国外交長官の慰安婦発言に「このようなことが続けば関係難しく」

河野外相、韓国外交長官の慰安婦発言に「このようなことが続けば関係難しく」

韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が慰安婦人権問題を国際社会に知らせるという趣旨の発言をしたことに対し、河野太郎外相が韓日合意に反すると主張した。河野外相は19日の記者会見で、康長官が旧日本軍慰安婦問題を国際社会の人権問題として位置づける準備をしていると明らかにしたことに対し、「日韓合意(2015年末の両国政府間の慰安婦合意)の精神に反する」と述べた。続いて「いぶかしく思っている。先方の真意をしっかり確認したい」と話した。

河野外相は「14日に韓国で文在寅(ムン・ジェイン)大統領と康京和長官に会った時、『日韓関係を未来志向的に前に進めよう』と話した」とし「このようなことが続けば未来志向の関係を作っていくことが難しくなる」とも述べた。康長官は前日、ソウル都染洞(ドリョムドン)庁舎で就任1周年を迎えてブリーフィングをし、「国際社会で慰安婦問題が『戦時の女性性暴力』というとても深刻な人権問題として位置づけられるように外交部として近く発表する計画をしている」と明らかにした。

同日、在韓日本大使館の関係者は外交部に「康長官の発言は、日韓双方が国際社会で批判を控えようという2015年12月の両国慰安婦合意の趣旨に反する」とし「両国が慰安婦問題に対する最終的かつ不可逆的な解決を確認した日韓慰安婦合意を着実に履行してほしい」と要求した。
http://news.livedoor.com/


韓国の康京和外相と鄭鉉栢女性家族相が相次いで、国連機関に慰安婦問題を持ち出した。明らかな日韓合意破りであり、許されない。個々の閣僚の発言として見過ごすことはできない。慰安婦問題で日本を攻撃し、国内の支持を取り付けようとする文在寅政権の意図がくっきりとみえてくると産経ニュースが報じたのが今年2月である。

韓国の康外相が国連人権理事会で、日韓合意は慰安婦問題の解決にとって不十分だとの認識を示し、鄭女性家族相は国連女子差別撤廃委員会で、「性奴隷」の表現を用いた。菅義偉官房長官や河野太郎外相が「受け入れられない」と抗議したのは当然だ。2015年12月の日韓合意で、両国政府は「国連など国際社会」において慰安婦問題について「互いに非難・批判することは控える」ことを約束した。問題の「最終的かつ不可逆的な解決」も確認した。康、鄭両氏の発言は、合意を無視するに等しい。

そして今回、康長官が旧日本軍慰安婦問題を国際社会の人権問題として位置づける準備をしていると語るようでは、論外だろう。康京和外交部長官というのは、日韓合意の違反行為となる発言を語り続けている。日韓関係は、より難しくなるというよりも、韓国に対しては毅然とした態度で臨むべきだろう。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月19日 16:05 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp